板金・修理・タイヤ

プジョーの5008(ABA-T875F02):左フロントドア、関連パーツの交換、左ロッカーパネル板金、左リアドア脱着修理、塗装など

5008の左フロントドアにヘコミ、傷など損傷を受けていたのでドア交換にて対応させていただきました。

プジョーの5008にお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらのお写真は修理前に撮らせていただいたものです。
大切な愛車が傷ついてしまったということで、
修理のご相談をいただきました。

ちょっとした小さな傷ひとつでも、オーナー様にとっては
大変気になることと思います。
とくにプジョーのような外国車ですと、どこへ依頼するのがよいか、
お迷いになる方も多いことでしょう。

井組自動車では年間3000件以上の修理・整備を承っておりますが、
その約半分は外国メーカーのお車です。
今回も私どもでお預かりすることになりましたので、
一日も早くご安心いただけるようしっかり修理させていただきます。

【修理前のお写真】
IMG_1863_R.JPG
IMG_1864_R.JPG
IMG_1865_R.JPG

今回は左フロントドア、ロッカーパネルをはじめ、
数箇所に傷やヘコミなどの損傷がありましたので、
以下のような内容で対応させていただきました。

◎交換
 左フロントドア
 ドアFIX
 ウエザーストリップ
 シーリング
 ドアモール

◎脱着修理、板金
 左フロントフェンダ付属品
 左ロッカーパネル
 左リアドア

◎塗装

お写真ではフロントドア他の交換の様子を中心に紹介しております。
私どもで行っている作業の一部ですが、
実際にどのように修理されているのか参考にしていただければ幸いです。

【修理中のお写真】
IMG_1867_R.JPG
IMG_1871_R.JPG
IMG_1957_R.JPG
IMG_1958_R.JPG
IMG_1959_R.JPG
IMG_1960_R.JPG
IMG_1964_R.JPG
IMG_1965_R.JPG
IMG_1966_R.JPG
IMG_1967_R.JPG

修理後のお車はこちらのお写真でご覧いただけます。
左のフロントドアをはじめ、フロントフェンダ、
ロッカーパネルなどの損傷もすっかり元通りに。

ご心配されていたいお客様も、こちらをご覧になり、
大変喜んでくださいました。
お客様にはこれからも、安心して快適なドライブを
お楽しみいただければ何よりと思います。

【修理後のお写真】
PA121885_R.JPG

【車の豆知識】
プレミアムモデルのニューSUV、5008は、
4640mmの全長に3列7席の空間を確保しています。
2列目シートは独立した3座席となっており、
それぞれ15cmの前後スライドと5段階のリクライニングが可能。
パッセンジャーシートバックまでを倒せば、
約3.2mの長尺の荷物を積むこともできます。
高い積載能力を持ちつつ、Dセグメントの小柄なボディと
シティ派におすすめの一台です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ