板金・修理・タイヤ

BMWの2シリーズアクティブツアラー(LDA-2C20):左リアドア他の交換、左サイドシルカバー修理、左クォーターパネル板金、塗装など

2シリーズアクティブツアラーの左リアドアに傷、ヘコミなどがありましたので交換にて対応させていただきました。

BMWの2シリーズアクティブツアラーにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらのお写真では修理前のお車の様子をご覧いただけます。
私どもでは、作業に入る前にお車の損傷の状態を詳しく拝見し、
修理方法、納期、費用などをお客様に説明させていただきます。

今回は左のリアドアをはじめ、数箇所に傷、ヘコミなどの
損傷を受けておりました。
大切なお車が思わぬトラブルで傷ついてしまい、
お客様のご心配もいかばかりかとお察しいたします。

一日も早く、ご安心いただけるよう、私どもでお預かりし、
しっかり修理させていただきます。

【修理前のお写真】
IMG_1501_R.JPG
IMG_1502_R.JPG
IMG_1503_R.JPG
IMG_1504_R.JPG
IMG_1506_R.JPG

今回対応させていただいた主な作業は次の通りです。

◎交換
 左リアドア
 サービスホール
 水切りアウターモール
 ジョイントシール

◎板金
 左クォーターパネル
 左サイドシルカバー
 
◎塗装

作業中の様子は以下のお写真でご覧いただけます。

左リアドアについては傷など損傷の状態から判断し、
今回は交換にて対応させていただきました。
交換となると費用面も気になることと思いますが、
井組自動車では、できる限りご負担を抑えられるよう、
よりリーズナブルで質の高いものを厳選しております。
ご予算やご希望などありましたら遠慮なくお申し付けください。

また、左クォーターパネル、サイドシルカバーの傷、ヘコミは
板金、塗装にて対応させていただきました。
板金塗装は、高い技術が求められる作業ですので、
技術力と実績のある修理工場をお選びになれば安心です。

【修理中のお写真】
IMG_1619_R.JPG
IMG_1623_R.JPG
IMG_1620_R.JPG
IMG_1625_R.JPG
IMG_1621_R.JPG
IMG_1624_R.JPG
IMG_1622_R.JPG



IMG_1626_R.JPG

修理が完了しピカピカに磨き上げられたお車は、
新車同様といってよい仕上がりに。
心配されていたお客様にも大変ご満足いただけました。

井組自動車では国産車、外国車を問わず、
あらゆる車種、ケースに対応しておりますので、
万が一のときはぜひ、私どもまでご相談ください!

【修理後のお写真】
P9281774_R.JPG
P9281773_R.JPG

◆BMWの他の修理・整備実績はこちら【BMWの修理・整備事例集】から

【車の豆知識】
スポーティーで美しいデザイン、圧倒的な運動性能をもつ
プレミアムコンパクトモデル、2シリーズ。
2018年、アクティブツアラー、グランツアラーのデザインを
よりスポーティーに進化、装備も充実させています。
インテリアも、上質なデザインと広い空間を維持しつつ、
フロントシートの座面を拡大することで、座り心地も向上しています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ