板金・修理・タイヤ

日産のフーガ(DBA-Y51):左フロントドア、左リアドア、左クォーターパネル、左サイドスポイラーなどの板金、塗装

フーガの左フロント及びリアドアに傷やヘコミができていたため、板金塗装で修理させていただきました。

日産のフーガにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらのお写真でお車の傷やヘコミの様子がわかりますが、
詳しく拝見したところ、左のフロント及びリアドア、
サイドスポイラー、左右のクォーターパネルまわりに
損傷を受けているのを確認いたしました。

大切な愛車が傷ついてしまい、お客様もお困りのご様子。
修理のこともご心配なのではとお察しいたします。

井組自動車では、作業に取りかかる前に、
修理方法や費用、納期までの時間など、
お客様がお知りになりたいことを詳しく説明いたします。
ご要望やご質問にも丁寧に対応いたしますので、
何なりとお気軽にお申し付けください。

お客様が一日も早く、安心してお乗りいただけるよう、
今回もしっかり修理させていただきます。

【修理前のお写真】
CIMG9348_R.JPG
CIMG9349_R.JPG
CIMG9350_R.JPG
CIMG9352_R.JPG
CIMG9353_R.JPG
CIMG9354_R.JPG
CIMG9355_R.JPG
CIMG9356_R.JPG

今回対応させていただいた作業内容は次の通りです。

◎板金塗装
 左フロントドア
 左リアドア
 左クォーターパネル
 右クォーターパネル
 左サイドスポイラー

以下のお写真で作業の様子をご覧いただけます。
傷やヘコミのある各部位について、板金にて修理。
その後、塗装専用ブースで塗装を行い、仕上げました。

井組自動車では、修理工場とは別に、イタリア製の
塗装専用ブースを導入しております。
本国ではフェラーリの工場でも使われている最新設備は、
ホコリや砂などの異物も完全シャットアウトでき、
より精度の高い塗装を行うことができます。

今回も全工程を終え、きれいになったお車を
お客様にお返しすることができました。
新車同様に生まれ変わった愛車をご覧になり、
お客様も大変満足されたご様子。
喜んでいただけて、私どもも嬉しく思っております。
これからも、安心して運転していただけたら何よりです。

【修理中のお写真】
CIMG9466_R.JPG
CIMG9467_R.JPG
CIMG9468_R.JPG
CIMG9469_R.JPG
CIMG9470_R.JPG
CIMG9471_R.JPG
CIMG9472_R.JPG
CIMG9473_R.JPG
CIMG9474_R.JPG
CIMG9475_R.JPG
CIMG9476_R.JPG
CIMG9477_R.JPG
CIMG9478_R.JPG

【車の豆知識】
フーガに搭載されているエンジンは、
VVEL(バルブ作動角・リフト量連動可変システム)を採用した
3.7LV型6気筒DOHCと、2.5LV型6気筒DOHCです。
3.7Lにはフルタイム4WDの設定もあり、
全てマニュアルモード付7速ATを組み合わせています。
スムーズかつハイレベルな走行性能が特徴です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ