板金・修理・タイヤ

トヨタのエスティマ(DBA-ACR50W):左リアドア、クォーターパネルの板金塗装 作業工賃120,000円/ガーニッシュ交換 部品代金5,300円 合計金額(税込み)135,324円

エスティマのリアドア、クォーターパネルなどに傷が見られましたので、板金塗装や部品交換にて対応いたしました。

今回はトヨタのエスティマにお乗りのお客様から修理のご依頼をいただきました。

早速お車の状態を確認させていただくと、
ボディ左後方にかけて傷が確認できました。
この情報をもとに、
井組自動車が誇る職人たちが、
「このお車、そしてお客様にとってのベストは何か」
という視点で修理プランを作成していきます。

ただ、それにはお客様がどんなことを望んでいるかが分からなければなりません。
井組自動車の職人たちは自動車修理のプロではありますが、
エスパーではありません。

ですから、
私たちが本当にお客様のためになる仕事をするためにも、
お客様の心残りや不安、疑問点などがありましたらお気軽にお申し付けください。

今回もお客様に十分なヒアリングを行ったうえで修理プランを作成しました。
その結果、
・左リアドア・クォーターの板金塗装
・ガーニッシュの交換
にて対応させていただくことになりました。

以下のお写真ではそのご様子が一部ご覧になれますので、
ぜひご確認ください。

修理中
IMG_1096_R.JPG
IMG_1097_R.JPG

熟練の職人によって、
傷ついたお車はきれいによみがえりました!
その姿が下の写真です。

太陽の光を浴びて輝く姿はまさに新車そのもの!
納得の修理内容に、職人もお客様も満足げな表情を浮かべていましたね。

みなさまもお車について何かお悩みの際には、ぜひ井組自動車までご相談ください。
あなたとあなたのお車にとって、最適なプランで対応させていただきます。

修理後
P8311603_R.JPG
P8311602_R.JPG

【車の豆知識】
初代エスティマが発売されたときのキャッチコピーは
「天才タマゴ」。
そのコピー通りのフォルムや機能、走行性を武器に、
日本車市場に空前のミニバンブームを巻き起こしました。
そんなエスティマの現行モデルは2006年にデビューした3代目。
息の長いモデルといえますね。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ