板金・修理・タイヤ

トヨタのエスティマ(DBA-ACR50W):リアバンパー修理 技術料4,0000円/合計金額(税込み)4,3200円

エスティマのリアバンパーにかすり傷があったので、修理にて対応いたしました。

今回はトヨタのエスティマにお乗りのお客様から修理のご依頼をいただきました。

ご相談にいらしたお客様は大切なお車が傷ついてしまい
とてもお困りのご様子。
早速お車をお預かりし、まずはどんな修理が必要になるのかを調べました。

以下は修理に入る前に取らせていただいたお写真です。
見ていただけるとお分かりかと思いますが、
リアバンパーに擦ったようなキズが出来ていました。

車体の四隅の部分というのはドライバーにとって死角となるため、
色々な障害物にぶつけてしまいがちな箇所です。

もちろん、だからと言って放置しておくのはNG。
そこから損傷が広がり、本当は板金だけで済んだ修理でも、
悪化して周辺部品の交換が必要になることがあるからです。

今回はこのタイミングでご相談いただけて、
本当に良かったです。

お客様の疑問点やご要望を伺った後、
さっそく修理に取り掛かりました。

修理前
P1090880_R.JPG
P1090881_R.JPG

今回はリアバンパーの修理にて対応させていただきました。
以下ではお写真にて、作業風景をご紹介しております。

今回の修理はリアバンパーの一カ所だけです。
でもお写真でお分かりいただけるかもしれませんが、
マスキングは車体全部に施していますよね?

これが井組自動車のこだわりです。
修理に直接関係のないところであっても、決して手は抜かない。
お車を大切に、自分のものにように扱うから、少しのリスクでも排除する。

手前味噌にはなりますが、こういったこだわりを貫いているからこそ、
「井組自動車にまかせたい!」と言ってくださるお客様がいるのかな、と思います。

もちろんこだわりは、マスキングだけでは終わりません。
丁寧に磨いてキズをきれいにしたら、
次は塗装に入っていきます。

今回の修理箇所のように車体の曲線を塗装する場合は、
塗りムラが発生してしまったり、光の加減で塗料が上手く調節できなかったりして、
周囲から浮いてしまうことがあります。

井組自動車では熟練の職人が最先端の設備を駆使していきますので、
完璧な塗装が可能です。

日焼けや色落ちなどで、お車の色というのは一台一台異なっています。
そこにしっかりと対応できる腕を持った職人がいるかいないかは、仕上がりに大きな差を与えます。

新車同然に仕上がったお車に、
お客様も感激されているようでした。

これからも愛車と一緒に、
楽しいカーライフをお過ごしください。

修理中
P1090882_R.JPG
P1090883_R.JPG
P1090884_R.JPG
P1090887_R.JPG
P1090888_R.JPG

【車の豆知識】
丸みを帯びた独特のスタイリングから、
「天才タマゴ」のキャッチコピーを与えられたエスティマ。
そのコピーに負けない機能性で、日本ミニバンブームの火付け役となりました。
現行モデルは2006年に発売された3代目で、
今でも大変人気の高い一台となっています。

おすすめキーワード

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ