板金・修理・タイヤ

レクサスのCT(DAA-ZWA10):左リアドア、左クォーターパネル交換、左クォーターインナーパネル板金、左サイドステップ他脱着修理、塗装、など

CTの左リアドア、クォーターパネルに損傷があったため、交換にて対応させていただきました。

レクサスのCTにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

今回はお車の左側に損傷を受けてしまったということで、
修理のご相談をいただきました。
こちらのお写真は作業前のものです。

損傷箇所の状態を詳しく拝見したところ、
左リアドア、左クォーターパネル、サイドステップなどに
ヘコミやキズ、歪みなどの損傷が確認できました。

大切にお乗りのお車が傷ついてしまい、お客様もお困りのご様子。
修理についてもご心配なことが多いかとお察しいたします。
どんなご不安を解消していただけるよう、
修理方法、修理期間、費用などについて詳しく説明させていただきました。

今回も修理をお任せくださることになりましたので、
早速ご入庫いただきました。

【修理前のお写真】
CIMG2440_R.JPG
CIMG2442_R.JPG
CIMG2443_R.JPG

対応させていただいた内容は次の通りです。

◎交換
 左リアドア
 左クォーターパネル

◎板金、脱着修理
 左フロントドア付属品
 左サイドステップ
 左クォーターインナーパネル
 左クォーターガラス
 左テールランプ
 リアバンパー

◎塗装

こちらのお写真は作業中に撮らせていただきました。
修理の工程の一部ですが、参考にご覧いただければと思います。

板金、脱着などにより修理した後、
イタリアから導入している塗装専用ブースで塗装を行いました。
塗料や塗装に最適な温度管理ができ、埃や砂などの異物も
完全にシャットアウトする空間で、
熟練の職人が美しいオリジナルカラーを再現いたします。

【修理中のお写真】
CIMG2525_R.JPG
CIMG2526_R.JPG
CIMG2527_R.JPG
CIMG2528_R.JPG
CIMG2529_R.JPG

ピカピカに磨き上げられたお車はこちらのお写真で。
損傷を受けていたお車左側でしたが、すっかり元通りになりました。
お客様にも大変喜んでいただけて、私どもも嬉しく思っております。
新車同様に生まれ変わったお車で、これからも快適で楽しい
カーライフを満喫していただけたら何よりです。

【修理後のお写真】
P1122460_R.JPG

【車の豆知識】
レクサスのCTが日本でデビューしたのは2011年です。
2014年にマイナーチェンジが行われました。
スポーツタイプなので運転席や後席が少々狭く感じますが、
キビキビとした走り、足回りの良さがこの車の特徴です。
ステアリングが握りやすく、操作パネルも見やすいので、
運転しやすい車です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ