板金・修理・タイヤ

日産のサニー(E-FB14):傷の修理方法と費用 ボンネット修理費用 作業工賃80,000円/合計金額(税込)86,400円

サニーのボンネットの修理を行いました。

日産のサニーにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

実用性、経済性、信頼性に優れた車ということで長く愛されてきたサニー。
このたびお預かりすることになったサニーも、お客様のよきパートナーとして、
大切にされていることがよくわかりますね。
そんなお客様の愛車ですが、ボンネットに傷がついてしまったとのことで、
修理のご相談をいただきました。
ボンネットは、比較的トラブルを受けにくい場所ではありますが、
傷やヘコミができると、目立つところでもありますね。
長く大切に乗られているお客様にとっては見過ごせないトラブルではないでしょうか。
ということで、早速ご入庫いただきました。

【修理前のお写真】

P1050054_R.JPGP1050055_R.JPG

こちらのお写真は、ボンネットの修理中の様子です。
ご覧いただいているように、ボンネットをボディから取り外して、
修理を行いました。
細かい作業がしにくい場所も、この脱着によって、より正確に、
より美しく仕上げることができるんですね。
傷を修理し、なめらかに整えた後は、塗装専用ブースで塗装を行います。
ホコリや砂粒などの異物をシャットアウトし、塗装に適した温度管理が行えるのが、
塗装専用ブースの特長です。
塗装が終わり、きれいに磨き上げられたボンネットを
再びボディに取り付けて作業は終了となります。

【修理中のお写真】

P1050061_R.JPGP1050062_R.JPGP1050063_R.JPGP1050064_R.JPG

こちらが修理後のお写真です。
傷ついていたボンネットでしたが、すっかり元通りになりました。
ご心配されていたお客様も、この仕上がりにはとても満足してくださったご様子。
喜びと感謝の言葉をいただき、私たちも嬉しく思っております。

【修理後のお写真】

PB252259_R.JPGPB252257_R.JPG

【車の豆知識】
1993年12月にB14型にモデルチェンジした8代目サニー。
ホイールベースを105mm延長し、居住性を向上させ、
FF車のリアサスペンションに、新開発のマルチリンクビームサスペンションを採用。
また、97年5月にはマイナーチェンジを行い、内外装のデザインが変更されました。
大型のフロントグリル、リアターンシグナルランプのレンズ色を赤色化、
前席SRSデュアルエアバッグ、ABSも全車に標準装備されています。
室内は広く快適な空間で、また小回りがきくので車庫入れなどもスムーズ。
どんなときにも安心して運転できる車として親しまれています。


おすすめキーワード

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ