整備

ダイハツのミラジーノ:エンジンオイル漏れを修理

ミラジーノのエンジンオイル漏れの修理を行いました。

ダイハツのミラジーノのエンジンオイル漏れについてご相談いただき、ご入庫。

オイル漏れの原因としては、主に経年劣化が考えられますが、

漏れの程度や状況によって、修理費用も変わってきます。

オイル漏れの原因(箇所)を見極めることが大事ですね。

P2210196_R.JPG


まずは、インタークーラーを はずしていきます。

P2210197_R.JPG

 

次に、ヘッドカバーを はずします。

P2210199_R.JPG

 

こちらがヘッドカバーをはずしたところです。

P2210200_R.JPG

 

新品のヘッドカバーパッキンを装着しました。

P2210201_R.JPG

今回は、ヘッドカバーパッキンを交換することにより、

エンジンオイルの漏れを直すことができました。

以上の作業時間は、通常約1~2時間です。

これで安心してドライブを楽しめますね!


【車の豆知識】
ダイハツのミラジーノシリーズが登場したのは1999年のことです。
外観、内装ともにレトロなデザインが可愛いと、女性からも大人気。
カスタムパーツが充実しているので、好みでアレンジできるのも楽しいですね。
2009年4月で販売は終了していますが、同年、ミラココアが後継車種として登場しています。
ヨーロッパ車のような、オシャレでクラシカルな雰囲気もグッド。
普段使いで大活躍してくれるコンパクトカーですね。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ