板金・修理・タイヤ

マツダプレマシー DBA-CWFFW テールランプ交換 部品代11,000円/リアゲート板金塗装 作業工賃50,000円/合計金額(税込)65,988円

プレマシーのリアゲートのヘコミ、キズを板金塗装にて修理、テールランプの交換を行いました。

マツダプレマシーにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

躍動感とエレガントなテイストを兼ね備えたデザインが特徴のプレマシー。
ファミリーユースからレジャーユースまで、使い勝手のよさも人気の理由ですね。
お客様の愛車、プレマシーも、日々、お客様のよき相棒として、
さまざまなシーンで活躍してくれていたことと思いますが、
リアゲートに大きなヘコミができてしまいました。
お車をバックさせたときに、障害物にぶつけてしまわれたのでしょうか。
テープで囲んだ部分が、ヘコミによって変形してしまった箇所です。
大切にお乗りでいらっしゃるお車だけに、お客様もご心配のご様子です。
頻繁に開閉する箇所でもありますので、しっかり修理してお返ししたいと思います。

【修理前のお写真】

P1030884_R.JPGP1030885_R.JPG


こちらが修理中のお写真です。
まず、ヘコミで変形している箇所を板金にて修理。
本来の形に戻す作業を行います。
表面を磨き上げ、なめらかに整えたあと、塗装を施し、
さらに磨きをかけて仕上げていきます。
塗装の際には、マスキングシートで修理箇所以外のボディを保護します。
板金、塗装は、技術はもちろんですが、完璧な仕上がりを想定しながら、
細かい作業を重ねていくので、センスも問われる作業ですね。
井組自動車の職人たちも、お客様からお預かりした大切なお車を
自分の車のような気持ちで、心をこめて作業に取り組んでおります。

【修理中のお写真】

P1030886_R.JPGP1030887_R.JPGP1030888_R.JPGP1030893_R.JPGP1030894_R.JPG

ヘコミによって変形していたリアゲートも、板金塗装により、
ここまできれいに修理することができました。
破損していたテールランプも交換し、すっかり元通りの後ろ姿が
よみがえりましたね。
ピカピカに磨き上げられた愛車と再会し、お客様も安心されご様子でした。

【修理後のお写真】

P6121007_R.JPGP6121005_R.JPG

【車の豆知識】
2010年に発売開始された3代目CW系。
2013年には、マイナーチェンジが行われ、2WDの「i-stop」搭載車において、
新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」をマツダ製ミニバンで初めて導入。
また、ラゲッジルーム床下のアンダートランクの深さを200mmに変更し、
容量が拡大したほか、シートバックポケットを運転席にも標準装備するなど、
機能、装備面での充実度がアップ。
欧州車並に質実剛健、個性やバランスのとれた飽きのこないデザインも好評ですね。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ