板金・修理・タイヤ

マツダプレマシー DBA-CWFFW 左スライドドア及び左クォーターパネル板金塗装、リアバンパー修理費用 総工賃120,000円

プレマシーのスライドドア他のできたキズやヘコミを板金塗装にて修理いたしました。

マツダプレマシーにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

両側電動スライドドアは、とても便利。
乗り降りも、荷物の積み下ろしもスムーズで使い勝手がいいので、
ファミリー層を中心に、趣味を楽しむ人たちの間でも人気のあるお車ですね。
今回は、お客様のお車のスライドドアにできたキズの修理をご相談いただきました。
修理前のお写真を撮らせていただいていますが、
左のスライドドアとクォーター・パネルにかけて、キズやヘコミができていますね。
きれいにしてお乗りでいらっしゃるだけに、このキズやヘコミは、
お客様にとっても大変お困りではないかとお察しします。
安心してお乗りいただくために、早速修理にとりかかることになりました。

【修理前のお写真】

P1030582_R.JPGP1030583_R.JPG

今回行った作業は次の通りです。

 ◎左スライドドア板金塗装
 ◎左クォーター・パネル板金塗装
 ◎リアバンパー修理

こうしたキズやヘコミの場合、パネルを交換するという方法もありますが、
井組自動車では、できる限り、交換せずに修理することを心がけています。
修理中のお写真で、スライドドア、クォーター・パネルの板金、塗装の様子が、
ご覧いただけるかと思います。
スライドドア、リアバンパーは、ボディから取り外しての作業になりました。
キズ、ヘコミを板金で元の形に戻した後、塗装専用ブースで塗装を行い、仕上げます。
自然で美しい仕上がりを目指し、丁寧に作業を進めていきます。

【修理中のお写真】

P1030584_R.JPGP1030585_R.JPGP1030586_R.JPGP1030599_R.JPGP1030600_R.JPGP1030601_R.JPGP1030603_R.JPGP1030605_R.JPGP1030606_R.JPGP1030607_R.JPG

こちらが修理後のお写真です。
キズやヘコミができていたお客様のお車も、修理によりこんなにきれいになりました。
ピカピカに磨き上げられた愛車をご覧になり、お客様も大満足。
お客様の喜ぶ笑顔が、私たちにとっても大きな励みになりますね。

【修理後のお写真】

P4090345_R.JPG

【車の豆知識】
プレマシーの登場は1999年のこと。
ファミリアをベースとした5ナンバーサイズのコンパクトミニバンとして、
発売開始当時から、注目を集めていましたね。
現行モデルは2010年に発売された、3代目のCW系。
今回、お客様がお乗りのプレマシーも、このモデルですね。
質実剛健で飽きのこないデザインは、個性的かつバランスのよさが引き立ちます。
ハンドリング、乗り心地、取り回しやすさ、安全性なども二重丸。
運転が楽しく、ドライバーにうれしいミニバンですね。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ