ペイント・塗装

スバルレガシー DBA-BMG 左クオータパネル板金塗装、リアバンパ交換他 総工賃100,000円/リアバンパー、テールランプ他 部品代計82,380円

レガシィのリア周りに出来た傷・ヘコミを直すべく、クオータパネルの板金塗装やリアバンパー等の交換を行いました。

スバルレガシィにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

今回ご相談いただいたお車は、レガシィシリーズの5代目、B4と呼ばれるモデルです。
スポーツカー並みの動力性能をもつセダンは、走る楽しさを味わえる車として人気が高いですね。
早速熟練の職人がお車の状況、修理箇所をチェックいたしました。
修理前のお写真でおわかりのように、リアバンパー、左クオータパネルに広範囲なキズ、ヘコミがあり、
特にバンパーやテールランプの損傷は、早急に修理が必要でした。
お客様に安心してお乗りいただけるよう、修理に取りかかりました。

【修理前のお写真】
RIMG1371_R.JPG
RIMG1372_R.JPG

お預かりしたレガシィの修理箇所、および交換部分は次の通りです。

◎左クオータパネル板金塗装
◎リアバンパー交換
◎リアバンパーサポート交換
◎テールランプ交換
◎テールランプパッキン交換

リアバンパーについては、交換が妥当と判断し、お客様にもご納得いただいた上で交換いたしました。
クオータパネル部分は板金塗装にて修理を行いました。
交換したバンパーやテールランプと、板金にて修理したクオータパネルのバランスを考慮し、
修理箇所以外の部分との違和感もないように仕上げることを心がけ、作業を進めました。

【修理中のお写真】
RIMG1401_R.JPG
RIMG1403_R.JPG
RIMG1404_R.JPG


交換、板金塗装の作業が終了しました。
マスキングシートをはずすと、すっかりリフレッシュしたレガシィのボディが現れました。
お客様のご期待に添える仕上がりを実現させていただきました。
ここからまた、愛車との充実したカーライフを楽しんでいただければ幸いですね。

【修理後のお写真】
RIMG1415_R.JPG
RIMG1416_R.JPG

【車の豆知識】

レガシィといえば、スバルの看板車種として広く長く人気を誇る車ですね。
アルシオーネSVXが販売を終了してからは、レガシィがスバルの旗艦車種となっています。

スバル1000から採用された水平対向エンジン、レオーネで実現した4WDといった、スバル独自に機構を搭載。
ツーリングワゴン、スポーツセダンのB4、ステーションワゴンタイプのSUVアウトバックなど、
いずれも国内外で高い評価と人気を集めています。

「REGACY(大いなる伝承・後世に受け継がれていくもの)」というネーミングも、この車なら納得ですね。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ