板金・修理・タイヤ

ダイハツのタント(DBA-L375S):傷の修理方法と費用 リアゲート交換 部品代金35,000円/交換作業 作業工賃25,000円/合計金額(税込)60,000円

タントのリアゲートにヘコミなどがあったため、交換にて修理させていただきました。

ダイハツのタントにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

今回のご相談は、リアゲートの修理についてです。
修理前のお写真をご覧いただくと、損傷箇所の様子が
おわかりいただけるかと思います。

リアゲートの左下あたりにヘコミや傷ができており、
見た目だけではなく、ゲートの開閉や走行そのものにも
少なからず影響があると考えられます。

どのような傷やヘコミもできるだけ早く修理しておくことで
長く、安心してお乗りいただけます。

修理について、ご心配なこともおありかと思いますが、
井組自動車では、事前に修理方法、期間、費用などについても、
具体的に説明させていただきますので、
気になることがあれば、何なりとお申し付けください。

今回も私どもにお任せくださることになりましたので、
早速作業に取りかかりました。


今回の修理内容は、リアゲートの交換です。
ヘコミや傷の状態から、交換がベストと判断いたしました。

交換となった場合、部品の費用も気になることと思いますが、
井組自動車では、あらかじめご予算、ご要望を伺い、
より安価で高品質なものを取り寄せております。
新品に限らず、中古品や再生品での対応も可能です。

今回は同色の中古品を取り寄せ、対応させていただきました。

【修理前のお写真】
タント修理前リア
タントリアゲートの傷
タントリアゲートの傷

交換による修理の全工程が終了いたしました。
仕上がりはこちらのお写真でご覧いただけます。
どこから見ても、新車同様の仕上がりとなり、
お客様には大変ご満足いただけました。

井組自動車では年間3000件以上のご依頼をいただき、
ほぼ全てのメーカー・車種の修理・整備を承っております。
車を知り尽くしたプロフェッショナル、熟練の職人たちが
丁寧かつ高度な修理をさせていただきますので、
お困りの際にはぜひ、お声をかけていただければ幸いです。

【修理後のお写真】
タント修理後リア
タント修理後リア

【車の豆知識】
2019年にフルモデルチェンジが行われ、現行4代目となる
ダイハツのタント(TANTO)。
世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用した新CVTや
大幅改良されたエンジンなどのパワートレーンなど
すべての機構を一新しました。
これにより走る、曲がる、止まるなどの基本性能がさらに向上。
運転しやすく、室内も広々としており、
幅広い層に支持されている軽自動車です。

おすすめキーワード

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ