板金・修理・タイヤ

ポルシェのケイマン(ABA-98721):リアバンパー、マッドガード修理、塗装 作業工賃130,000円/合計金額(税込)140,400円

ケイマンのリアバンパーに傷やヘコミがありましたので修理、塗装で対応させていただきました。

ポルシェのケイマンにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらは作業前に撮らせていただいたお写真です。
今回の修理箇所、リアバンパーの傷やヘコミの様子がご覧いただけるかと思います。
リアバンパーは、衝撃からお車本体を守る役目もあるパーツです。
死角にある障害物にうっかりぶつけてしまったり、後続車に追突されたり、
さまざまなトラブルにより傷つくことも少なくありません。

お客様のケイマンを拝見したところ、すぐに走行に影響する傷ではないものの、
このままにしておいては見た目もよくありませんし、
傷が深く、広がったり、バンパー全体の劣化にもつながりかねません。
費用面や納期なども含めて、できるだけ早目に修理しておけば安心です。

今回も私どもに修理をお任せくださることになりましたので、
早速ご入庫いただきました。

【修理前のお写真】
CIMG1335_R.JPG
CIMG1336_R.JPG
CIMG1337_R.JPG

以下のお写真で作業中のお車の様子をご覧いただけます。
今回は、リアバンパー、マッドガードの修理、塗装を行いました。

マッドガードはタイヤの後ろにある、泥除けパーツです。
走行中、タイヤから跳ね上がる水しぶき、泥、砂、小石などが
飛び散ることを防いでくれるパーツですね。
砂や小石などはお車にとって、劣化の原因を作りかねませんから、
ここもしっかり修理しておきたいところです。


【修理中のお写真】
CIMG1344_R.JPG
CIMG1345_R.JPG
CIMG1354_R.JPG
CIMG1355_R.JPG
CIMG1356_R.JPG
CIMG1357_R.JPG
CIMG1366_R.JPG
CIMG1367_R.JPG
CIMG1368_R.JPG
CIMG1369_R.JPG

修理後の様子はこちらのお写真で。
リアバンパーの損傷箇所もすっかり元通りになりました。
塗装面もなめらかで美しく、新車同様の仕上がりですね。

心配されていたお客様も、ピカピカに磨き上げられた愛車をご覧になり、
大変喜んでくださいました。
お客様にご満足いただき、笑顔になっていただけることが
私どもにとって一番の喜びでもあります!

【修理後のお写真】
PB142063_R.JPG
PB142064_R.JPG

【車の豆知識】
2シータースポーツクーペシリーズのケイマン(CAYMAN)。
フルモデルチェンジにより、ボディはより低くなり、
全長も長く、先代モデルと比較して最大30kgの軽量化を実現。
延長されたホイールベースと短くなったオーバーハング、
18インチと19インチの大径ホイールは、ケイマンの走行パフォーマンスが
一層向上していることを示しています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ