板金塗装 実例集 国土交通省認定工場 自動車保険会社指定修理工場 JA共済指定自動車修理工場

板金・修理・タイヤ

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

ボルボのV70(LA-SB5244):右テールランプ交換 部品代金16,500円/右クォーターパネル板金塗装、リアバンパー修理塗装 作業工賃150,000円/合計金額(税込)179,820円

V70の右クォーターパネルに傷ができていたので、板金塗装にて修理させていただきました。

ボルボのV70にお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

ご相談いただき、早速お車の損傷の状態を拝見いたしました。
こちらのお写真で損傷箇所や状況をご覧いただけますが、
右のクォーターパネル、リアバンパーまわりに
傷やヘコミができていました。

障害物にぶつけたり擦ったりと、思わぬトラブルもあります。
大切にお乗りのお車が傷ついてしまうのは、
たとえ小さな傷ひとつでも気になるものですね。

こちらのような損傷は、すぐに運転に支障が出るわけではありませんが、
放置しておくと、お車の劣化につながることもありますので、
ぜひとも早めの修理をおすすめいたします。

井組自動車では年間3000件の修理や整備を承っておりますが、
そのうち約半分がボルボ、メルセデスベンツなどの外国車です。
ほぼ全てのメーカー、車種に対応しておりますので、
安心して私どもにお任せください。

【修理前のお写真】
IMG_0778_R.JPG
IMG_0779_R.JPG

今回、私どもで対応させていただいた内容は次の通りです。

◎交換
 右テールランプ(中古品)

◎板金、塗装
 右クォーターパネル
 リアバンパー右コーナー

お写真では修理中のお車の様子を紹介しております。
修理工程の一部ですが、参考にしていただければ幸いです。

リアバンパーはお車本体から取り外して修理を行い、
塗装した後、再び本体に取り付けました。
クォーターパネルの傷やヘコミは板金にて修理。
塗装専用ブースで塗装、乾燥を経て、研磨を行い仕上げました。

また、右テールランプは、お客様のご負担を抑えられるよう、
中古品を取り寄せて対応させていただきました。
部品の種類にもよりますが、新品に限らず、
中古品やリビルド品を選択することもできますので、
お気軽にご相談ください。

【修理中のお写真】
IMG_0820_R.JPG
IMG_0821_R.JPG
IMG_0823_R.JPG
IMG_0824_R.JPG

【車の豆知識】
ボルボのベストセラーモデルとして知られるV70。
1996年に、850の後継モデルして登場したステーションワゴンです。
車名は、それまでのボルボの車種名称の3桁ではなく、V70と変更。
「V」は「Versatility」のイニシャルで、
「いつでもどこでも出かけられるステーションワゴン」という
意味があるそうです。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ