板金・修理・タイヤ

メルセデスAMGのC43(CBA-205264):右クォーターパネル板金塗装、右ドアミラー修理 作業工賃140,000円/合計金額(税込み)162,000円

C43の右クォーターパネルに傷がありましたので、板金塗装にて対応しました。また併せて、右ドアミラーの修理も行いました。

今回はベンツのC43にお乗りのお客様にお乗りのお客様に修理のご依頼をいただきました。
C43と言えばベースとなるメルセデスベンツCクラスを、
スポーツ部門であるAMGがチューンナップした高性能モデル。
メルセデスらしい操りやすさと、モータースポーツ譲りの荒々しさを併せ持っているのが特徴です。

ご相談をいただきお車の状態を拝見させていただくと、
右のクォーターパネルに小さい傷があるのが確認できました。

こうした傷は走行性能や安全性能に直ちに影響をきたすものではありません。
しかし、放置しておくと損傷の拡大や重症化につながることがあるので注意が必要です。

できるだけ早い段階で、私たちのようなプロにお任せいただければ幸いです。

修理前
IMG_6627_R.JPG
IMG_6628_R.JPG

お客様のご要望を伺ったうえで、
今回は傷のあった右クォーターパネルの板金塗装にて対応させていただきました。
また、併せてドアミラーの修理も行いました。

修理中のご様子は以下のお写真でご確認ください。
まずは作業箇所以外にマスキングを施し、お車全体を保護します。
その後、板金で傷をきれいに修復したら、塗装していきます。

塗装は室温、湿度管理が完璧に行えるだけでなく、
塵や埃、虫などと言った不純物を完全にシャットアウトできる
井組自動車自慢の塗装専門ブースにて行います。
この塗装ブースはイタリアから輸入したもので、
あのフェラーリも使っている優れもの。

今回のC43のような外国車であっても、
完璧に修理できる環境が井組自動車には揃っています。

修理中
IMG_6642_R.JPG
IMG_6643_R.JPG

修理が完了しました!
井組自動車では基本的に、洗車をしてからお客様にお渡ししています。
そのおかげもあってか、ピカピカになったお車と対面したお客様は大喜び!

私たちも1人の車好きとして、お客様の笑顔を取り戻すことができてとてもうれしかったです。
もし万が一ご愛車にトラブルがあった際は、
全員が車好きな井組自動車までご連絡ください。

修理後
P1120138_R.JPG
P1120135_R.JPG

◆ベンツの他の修理・整備実績はこちら【ベンツの修理・整備事例集】から

【車の豆知識】
冒頭でも紹介しましたが、C43はCクラスをチューンナップした高性能バージョン。
現行モデルのW205をベースにしたモデルには、
4LV8エンジンを積むS63、S63s、そして今回の3LV6エンジンを積むC43があります。
ひとつ前のW204をベースにしたモデルには
比較的小柄なCクラスのボディに6.2Lの大型エンジンを積んだモデルもありましたが、
やはり時代の波か、現行モデルでは廃止されています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ