板金・修理・タイヤ

ダッジのデュランゴ:クォーターアーチモール交換、左クォーターパネル板金塗装、リアバンパー脱着修理、他

デュランゴの左クォーターパネルに傷などがありましたので、板金塗装で修理させていただきました。

ダッジのデュランゴにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

早速、お車の状態を拝見いたしました。
こちらのお写真は作業前に撮らせていただいたものですが、
左のクォーターパネル回りに傷やヘコミが見られます。

外国車にお乗りの方にとって、いざというときの修理は
お悩みのひとつではないかと思います。
そんなときには、ぜひ井組自動車を思い出してください。
井組自動車では年間3000件のご依頼をいただいておりますが、
約半分は外国車です。

今回もお客様に喜んでいただけるよう、
しっかり修理させていただきます。

【修理前のお写真】
CIMG1012_R.JPG
CIMG1013_R.JPG
CIMG1014_R.JPG

今回対応させていただいた主な修理内容は次の通りです。

◎交換
 クォーターアーチモール

◎脱着修理
 左クォーターガラス
 左テールランプ
 リアバンパー

◎板金
 左クォーターパネル

◎塗装

こちらのお写真では作業中の様子をご覧いただけます。
ご参考になれば幸いです。

左クォーターパネルの傷やヘコミは板金にて修理を行いました。
またリアバンパーや左クォーターガラスなどについては、
脱着、修理で対応。
修理後は塗装専用ブースで塗装、乾燥を経て、
研磨をかけて仕上げます。

板金塗装、脱着修理ともに、
技術と経験の差が仕上がりの正確さ、美しさを左右するもの。
もしものときには、価格だけではなく、高い技術力と実績のある
信頼できる修理工場をお選びになれば安心です。

井組自動車でも経験豊富な熟練の職人が揃っておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

【修理中のお写真】
CIMG1017_R.JPG
CIMG1018_R.JPG
CIMG1020_R.JPG

各部位の修理、交換などを終えたお車はこちらのお写真で。
どこから見ても新車同様の美しさですね。
お客様にも大変ご満足いただきました。
喜んでいただけて、私どもも嬉しく思っております。

【修理後のお写真】
PA201933_R.JPG

【車の豆知識】
1998年に発売された初代デュランゴは、ミッドサイズSUVながら
初めて3列シートを採用し、人気を博しました。
日本でも大きすぎないSUVとしてRVブームに乗り知名度を上げました。
2018年の新型モデルのデュランゴは、GTグレードに加え、
高性能モデルとしてSRTグレードも設定されています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ