板金・修理・タイヤ

スズキのソリオ(DBA-MA15S):傷の修理方法と費用 左クォーターパネル板金塗装 作業工賃55,000円 合計金額(税込み)59,400円

ソリオの左クォーターパネルに傷がありましたので、板金塗装にて対応しました。

今回はスズキのソリオにお乗りのお客様から修理のご依頼をいただきました。

早速お車の状態を拝見させていただくと、
左のクォーターパネルに擦り傷が確認できました。

こうした擦り傷というのは、
お車の安全性能や走行性能に直接影響を与えるものではありません。
しかし、キズがある以上、その部分は他に比べてデリケートになります。
すると雨風や日光による劣化の進みも早くなり、
結果的に関係のなかった部分にまで損傷が広がってしまうことがあるのです。
それに何より、傷がついたまま放置だなんてお車がかわいそうですよね。

車というのは乗客全員の命を預かるものです。
慎重になりすぎるということはありません。
どんなに小さくても何かトラブルや違和感があれば、
できるだけ早くプロに相談するように心がけてください。

修理前
IMG_6788_R.JPG
IMG_6789_R.JPG
IMG_6790_R.JPG

今回はそこまで損傷がひどくないことから、
左クォーターパネルの板金塗装にて対応させていただきました。

以下のお写真ではパテでキズをきれいに均したあと、
塗装の工程をご覧いただけます。

今回のお写真では少しわかりにくいかもしれませんが、
井組自動車では塗装専用のブースを用意しており、
今回の作業もブース内で行っております。

このブースはイタリアから輸入したもので、
何とあのフェラーリが採用しているのと同じモデル。
井組自動車自慢の設備の一つです。

最高の技術と最高の設備。
この2つを両立させている事が、
井組自動車の修理クォリティの理由です。


修理中
IMG_6832_R.JPG
IMG_6835_R.JPG

無事塗装が終わってお車をお客様にお渡しすると、
ピカピカになったご愛車のお姿に大変満足そうなご様子でした。
私たちも喜んでいただけてとてもうれしかったです。

【車の豆知識】
もともと軽自動車のワゴンRの部品を流用して作られたスズキのソリオ。
今大人気のトールワゴンの走りともいわれています。
1997年に発表されたソリオの原型であるワゴンRワイドから数えると、
現行モデルは2015年にデビューした4代目。
今後どのような車に進化していくのか、注目です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ