板金・修理・タイヤ

ポルシェのパナメーラ(ABA-970M48A):フロントナンバー取り付け、フロントバンパー、リアバンパー修理・板金塗装

パナメーラのフロントバンパーとリアバンパーに傷がありましたので、修理、板金塗装で対応しました。

今回はポルシェのパナメーラにお乗りのお客様から修理のご依頼をいただきました。

早速お車の状態を拝見させていただくと、
フロントバンパーとリアバンパーに損傷が見られました。
また、フロントバンパーは高速道路を走るとどうしてもついてしまう
「飛び石」による細かい傷も散見されました。

今回のお客様は24か月点検と一緒に修理のご依頼をいただいたのですが、
飛び石による細かい傷はそのたびに修理していたのではキリがありません。
法令点検や何らかのトラブルと同じタイミングでお頼みいただければ対応いたしますので、
お気軽にご相談ください。

以下のお写真では、塗装中の風景をご覧いただけます。

傷の修理をするときには、
表面のコーティングを含めて周辺の塗装を一度きれいに落としてから作業に取り掛かります。
そのため、ピカピカで新車同然のお姿に仕上げるためには、完璧な色の調合が欠かせないのです。

もちろん車の色というのはある程度公表されているので、似た色を作り出すのは簡単です。
しかし、微妙なニュアンスの違いや日焼け、色あせなどに対応するためには
職人の目にによる微調整が欠かせません。

それができるのが井組自動車の職人です。
どんなお色に仕上がったのかは、
修理後のお写真をご覧ください。

修理中
IMG_1220_R.JPG
IMG_1221_R.JPG
IMG_1222_R.JPG
IMG_1223_R.JPG

こちらが修理後のお写真になります。
深みを感じるエレガントなレッドが見事に再現されていますね!

どこを修理したのか全く分からない完ぺきな仕上がりに、
お客様もご満足のご様子。
これからも一人でも多くのお客様を満足させられるよう、
精進してまいりたいと思います。

修理後
P3317414_R.JPG
P3317412_R.JPG

【車の豆知識】
ポルシェが初めて手掛けたフル4シーターのGTカーがパナメーラです。
パナメーラの登場による一番大きな変化は、
今までだとどうしても対応できていなかった家族ユースにも対応できるブランドへとポルシェが進化したこと。
家族4人でゆったり長時間移動できる。
カイエンに続いて新しい選択肢をポルシェが提案した一台でした。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ