板金塗装 実例集 国土交通省認定工場 自動車保険会社指定修理工場 JA共済指定自動車修理工場

板金・修理・タイヤ

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

レクサスのIS(DAA-AVE30):右ラジエータグリルガーニッシュ交換 部品代金5,200円/フロントバンパー修理、塗装 作業工賃35,000円/合計金額(税込)43,416円

ISのフロントバンパーに傷などがありましたので、修理、塗装にて対応させていただきました。

レクサスのISにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらはフロントバンパーの傷の様子です。
遠目にはあまり目立つ傷ではないのですが、近くで見ると
塗料が少し剥げているようですね。
何かにこすってしまったのでしょうか、気づかないうちに
こうした傷がついてしまうこともよくあります。
これくらいなら運転に支障はないしということで、
つい修理を後回しにしてしまいがちですが、
小さな傷こそ、早目に修理しておくと安心です。
傷が大きくなったり、劣化が進んでからでは、
納期も費用も余計にかかってしまうことがありますので、
早目の修理をおすすめしております。

井組自動車では年間3000台以上のお車の修理を承っておりますが、
どのメーカーのどの車種でもしっかりと対応させていただきますので、
万が一の愛車のトラブルの際には、お気軽にお声をかけてくださいね。

【修理前のお写真】
IMG_4272_R.JPG
IMG_4273_R.JPG
IMG_4274_R.JPG

以下のお写真は、作業中の様子を撮らせていただいたものです。
今回は、フロントバンパーの修理塗装、
右ラジエータグリルガーニッシュの交換をさせていただきました。

取り寄せたガーニッシュは塗装を行ってから本体に取り付けます。
フロントバンパーの傷は修理後、塗装専用ブースで塗装を行いました。

井組自動車では、広い修理工場を備えている他、
イタリアから塗装専用ブースも導入しております。
本国ではフェラーリの工場などでも採用されているもので、
常に塗料や塗装に最適な温度管理ができ、
ホコリや砂などどんな小さな異物もシャットアウトします。

こうした環境のもと、熟練の職人が知識と経験を活かし、
お車ごとのオリジナルのカラーを再現いたします。
小さな傷ひとつでも、プロの手に委ねていただくことで、
より長く、ベストな状態でお乗りいただけると思います。
今回のお客様にも大変ご満足いただけました。


【修理中のお写真】
IMG_4306_R.JPG
IMG_4308_R.JPG
IMG_4307_R.JPG

IMG_4309_R.JPG

【車の豆知識】
初代ISは1999年〜2005年にかけて、日本仕様のアルテッツァの
北米仕様版として販売されていました。
2005年〜2013年には2代目モデル、2013年からは現行モデルを販売。
2代目からは価格帯が上がり、ターゲット層にも変化が。
コンパクトなCT同様、街乗りにおすすめの車として人気です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ