板金・修理・タイヤ

メルセデスベンツのAクラス(DBA-176042):左サイドステップ、左リアホイール他の交換、左リアドア、左クォーターパネル板金、リアバンパー脱着修理、塗装など

Aクラスの左クォーターパネル、左リアドアにキズやヘコミがありましたので、板金塗装にて修理させていただきました。

メルセデスベンツのAクラスにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらは修理前に撮らせていただいたお写真ですが、
左のサイドステップ、リアドア、クォーターパネルなど、
数カ所に擦り傷やヘコミによる変形などの損傷が見られます。

作業前に損傷のある箇所を詳しく拝見し、修理方法を検討。
納期や費用などと併せて、お客様に説明させていただきます。
今回も、お客様からのご要望やご質問にお答えしながら、
修理内容について十分にご理解、ご納得いただけましたので、
早速ご入庫いただきました。

【修理前のお写真】
P1110225_R.JPG
P1110226_R.JPG
P1110227_R.JPG

私どもで対応させていただいた内容は次の通りです。

◎交換
 左サイドステップ
 左リアホイール
 タイヤ

◎板金
 左リアドア
 左クォーターパネル

◎脱着・修理
 リアバンパー
 左テールランプ
 左リアドア付属品

◎塗装

修理中の様子は以下のお写真でご覧いただけます。

今回、左のリアドアやクォーターパネルのキズ、ヘコミについては、
板金にて修理し、塗装で仕上げました。
またテールランプ、リアバンパーは一度本体から取り外して修理、
塗装した後、再び本体に取り付けました。

左サイドステップは、キズ、ヘコミなどの損傷が大きかったため、
交換にて対応させていただきました。
交換部品については、お客様のご負担をできるだけ抑えられるよう、
ご予算に応じて、よりリーズナブルで品質の確かなものを
取り寄せて対応しております。

【修理中のお写真】
P1110228_R.JPG
P1110229_R.JPG
P1110230_R.JPG
P1110231_R.JPG
P1110232_R.JPG
P1110233_R.JPG
P1110236_R.JPG
P1110237_R.JPG
P1110238_R.JPG
P1110239_R.JPG
P1110240_R.JPG
P1110241_R.JPG

修理後のお車の様子はこちらのお写真で。
どの角度から見ても、すっかり元通りにきれいになっていますね。
お客様にも大変ご満足いただけて、私どもも嬉しく思っております。

【修理後のお写真】
P2170386_R.JPG
P2170387_R.JPG

◆ベンツの他の修理・整備実績はこちら【ベンツの修理・整備事例集】から

【車の豆知識】
2代目となるAクラスは、ショート&ワイドなボディに、
1.7L直列4気筒SOHCエンジンを搭載。
上級「A180エレガンス」には、強化ポリカーボネート製パネルと、
アルミニウムフレームで構成されたスライディングルーフ
「パノラミックラメラールーフ」をオプションで装着が可能です。
298万円から購入可能ということで、日本でも幅広い層に人気。
エントリーモデル価格ながら、世界最高水準の
充実した安全装備が得られる点も支持される理由でしょう。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ