板金・修理・タイヤ

マツダのRX8(LA-SE3P):左フロントフェンダー、左リアドア、左クォーター・パネル、右クォーター・パネルの板金塗装、リアバンパー修理費用 作業工賃250,000円/合計金額(税込)270,000円

RX-8の左フロントフェンダ、リアドア、クォーター・パネルを板金、塗装にて修理いたしました。

マツダのRX8にお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

ロータリーエンジンの加速感や音が病みつきになる、
そんな声をよく聞くのが、マツダのRX8です。
スポーツカーならではの外観も、カッコいいのひと言につきますね!
お客様の愛車、RX8は鮮やかなイエローが印象的。
いつもきれいにして乗っていらっしゃるご様子ですが、
今回は、お写真でご覧いただけますように、左リアドアやフロントフェンダなどに、
傷やヘコミの損傷を受けていました。
ご心配されているお客様に、安心して、気持よくお乗りいただくために、
早速お預かりして、作業を開始いたしました。

【修理前のお写真】

P1040569_R.JPGP1040570_R.JPGP1040572_R.JPG

今回の修理内容は次の通りです。

◎板金、塗装
 左フロントフェンダ
 左リアドア
 左クォーター・パネル
 右クォーター・パネル
◎修理
 リアバンパー

以下でご紹介しているのは、修理中の様子です。
フロントフェンダ、左リアドア、左右のクォーター・パネルは、
板金、塗装にて対応しております。
板金も塗装も、技術と経験が要求される作業です。
車のボディは、さまざまな曲線の組み合わせで構成されているので、
それを想定しながら、いかに自然に仕上げるかが大切なんですね。
塗装後、磨き上げて仕上げたときに、不自然な歪みなどがないこと。
ここが板金、塗装の技術の分かれ目ともいえると思います。
大切なお車を任せるときは、確かな技術と豊富な経験をもつ職人のいる
修理工場を選ばれると安心ですね。
井組自動車も、年間2500件もの修理や整備を承っていますが、
幸い、多くのお客様からご信頼いただいております。

【修理中のお写真】

P1040573_R.JPGP1040574_R.JPGP1040575_R.JPGP1040576_R.JPGP1040577_R.JPGP1040578_R.JPGP1040579_R.JPGP1040580_R.JPG

こちらが修理完了後、お客様との再開を待つ、RX8です。
美しいイエローのボディが、新車同様の輝きを放っていますね。
この仕上がりをご覧になり、お客様もとても喜んでくださいました。

【修理後のお写真】

P9191607_R.JPGP9191604_R.JPGP9191603_R.JPG

【車の豆知識】
RX-8は、マツダのロータリースポーツ車の新規車種として2003年に登場。
この車の特長といえば、もちろん、加速感、パワー十分のロータリーエンジンですが、
もうひとつ注目すべきは、スポーツカーながら4人乗車が可能なことでしょう。
前後観音開きになるフリースタイルドアを採用。
ロータリースポーツのよさである軽快さを失うことなく、4ドア仕様をクリア。
後部座席の開閉はやや面倒なところもありますが、
意外に使い勝手も悪くないということで、家族向けとしても人気がありますね。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ