ピックアップ2

ポルシェ カイエン:ドアハンドル、ドアモール交換 部品代金33,900円/左クォーター・パネル、左リアドアの板金塗装、リアバンパー修理 作業工賃130,000円/合計金額(税込)177,012円

カイエンの左リアドア、クォーター・パネルなどの板金、塗装、ドアハンドルなどの交換を行いました。

ポルシェカイエンにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

ポルシェといえばスポーツカーという印象が強いですが、
カイエンは、初のクロスオーバーSUVということで、注目を集めていますね。
さて、今回はそのポルシェカイエンの修理のご相談です。
修理前のお写真でご覧いただけますように、
左のリアドア、クォーター・パネルなどに傷やヘコミの損傷を受けていました。
お車を大切にしていらっしゃるお客様の残念なお気持ちは、
同じクルマ好きとしても、よくわかります。
今回、修理をお任せいただけることになりましたので、
一日も早くきれいに修理してお返ししたいと思います。

【修理前のお写真】

IMG_2181_R.JPGIMG_2182_R.JPGIMG_2183_R.JPGIMG_2184_R.JPG

そして続いてご覧いただくのが修理中のお写真です。
今回は、左リアドアおよび左クォーター・パネルの板金、塗装、
リアバンパーの修理、そしてドアハンドルとモールの交換を行いました。
板金、塗装の作業では、修理箇所以外の部分を汚したり、傷つけたりしないよう、
マスキングシートなどで保護するのが鉄則。
少しの傷だからといって、決して手抜きはいたしません。
私たちの仕事は、単に傷やヘコミを直すだけではなく、
お客様の大切なお車を丸ごとお預かりし、完璧な姿でお返しすることです。
塗装ひとつをとってみても、全体のバランスを考え、
違和感なく美しい仕上がりとなるように作業を行っております。

【修理中のお写真】

IMG_2221_R.JPGIMG_2222_R.JPGIMG_2223_R.JPGIMG_2224_R.JPGIMG_2225_R.JPGIMG_2220_R.JPGIMG_2226_R.JPG

最後に修理完了後のお写真です。
ポルシェカイエンのスタイリッシュな外観がよみがえりました。
傷ひとつない、なめらかでツヤのあるボディは、惚れ惚れしますね。
お客様にもとてもご満足いただけて、私たちも嬉しく思っています。

【修理後のお写真】

P8221465_R.JPG

【車の豆知識】
SUV分野への参入を考えていたポルシェとフォルクスワーゲンの思惑が一致し、
両社で共同開発されたのが、ポルシェカイエンです。
オフロード走破性と、ポルシェならではのスポーティなハンドリング、
走行性能、外観が融合したSUVといえるでしょう。
大型SUVとは思えないコーナリングパフォーマンスは、
スポーツカーメーカーだからこそ体感できるもの。
エンジンも静かで、街乗りでも高速でも安定感ある力強い走りを
楽しませてくれます。


 

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ