整備

ダイハツのムーブ:スポーツキャリパー&ローターへ交換

ムーブのキャリパーをスポーツキャリパー&ローターへ交換いたしました。

いつも 井組自動車をご利用くださっているS様、ありがとうございます!

今日は、通勤用のお車、ダイハツのムーブのメンテナンスを承りました。

DSCF0640_R.JPG


これは、純正のローターです。

DSCF0641_R.JPG


まず、純正キャリパーをはずしました。

DSCF0642_R.JPG


こちらは、ローターをはずすところです。

DSCF0643_R.JPG

 

ローターをはずした状態です。

DSCF0644_R.JPG

 

DSCF0645_R.JPG


次に、新しいスポーツローターを取り付けます。

DSCF0646_R.JPG


スポーツキャリパー の取付が完了しました!

DSCF0647_R.JPG

 

DSCF0648_R.JPG


以上の通常交換は、約2時間ほどの作業となります。

井組自動車では、こうしたスポーツキャリパー&ローターのお持込みも大歓迎!

喜んでお取付させていただきますので、お客様のお好きなパーツを

お気軽にお持込みくださいね。

一人でも 多くのお客様のお役に立てれば幸いです。

スタッフ一同、ご来店をお待ちしております!


【車の豆知識】
ダイハツのムーブは、スズキのワゴンRに対抗して開発されたとのこと。
ダイハツの看板車種として、軽トールワゴンの代表的な車となりました。
初代モデル、L600、610S型が登場したのは1995年。
2010年にフルモデルチェンジが行われ、現行モデルは6代目にあたる、
LA150、160S型になります。
街乗りでも高速でも安定した走りが魅力。
キャビンも広々としていて、ファミリーユースとしての実用性も高い車ですね。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ