板金・修理・タイヤ

マツダアテンザ LDA-GJ2FP フロントバンパー脱着修理費用、右ステップ・ロックピラー修理費用、塗装 総工賃100,000円

マツダアテンザのフロントバンパー、右ステップ、ロックピラーの修理、塗装を行いました。

マツダアテンザにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

お客様が乗っていらっしゃったのは、真っ赤なアテンザです。
洗練されたスタイリングがひときわ目を引く、素敵なお車ですね。
お客様からのご相談は、右ステップ、ロックピラーのキズとヘコミの修理についてです。
また、フロントバンパーにもキズやヘコミができていました。
修理前のお写真も撮らせていただきましたが、大切にお乗りでいらっしゃるお車が
こうした状態になり、お客様もご心配されていることでしょう。
早速井組自動車でお預かりし、修理に取りかかることになりました。

【修理前のお写真】

IMG_0156_R.JPGIMG_0157_R.JPGIMG_0158_R.JPGIMG_0159_R.JPGIMG_0160_R.JPG

 こちらはアテンザの修理中のお写真です。
フロントバンパーは、ご覧のように、ボディから外して修理を行いました。
キズやヘコミが数箇所に渡ってる、大きい、お車のパーツ箇所などにより、
バンパーなどのパーツを取り外しての修理(脱着修理)は、
比較的よく行われる作業です。
また、下の写真は右ステップ、ロックピラーのキズ、ヘコミの修理の様子です。
この部分はぶつけやすい場所でもあるので、特に細心の注意を払って、
修理を行っております。
最後に塗装、仕上げの研磨を経て、修理は終了となります。

【修理中のお写真】

IMG_0169_R.JPGIMG_0194_R.JPGIMG_0197_R.JPGIMG_0191_R.JPGIMG_0192_R.JPGIMG_0193_R.JPGIMG_0195_R.JPGIMG_0196_R.JPG

フロントバンパー脱着修理、右ステップ、ロックピラーの修理、塗装が終わり、
保護シートを外すと、鮮やかな赤いボディが姿を現しました。
修理後の艶やかな塗装面も相まって、キズやヘコミがあったとは思えないような、
美しいスタイリングのお車がよみがえりました。
お客様にも大変喜んでいただき、私たちにとってもまたひとつ、
嬉しい実績が増えることとなりました。


【車の豆知識】
アテンザの名称の由来は、イタリア語で「注目」を意味する、
「Attenzione」からの造語だそうです。
スタイリッシュなデザインは、まさに人々の注目を集めている車ですね。
注目されている理由はルックスだけではありませんよ。
クリーンディーゼルの走りと経済性も、アテンザならでは魅力。
ノイズが気になるかつてのディーゼル車に比べ、静粛性も抜群です。
デビュー時からスポーティな走りがウリでしたが、
2010年に登場した3代目は、さらにその魅力を進化、拡大させ、
新たなファンを獲得しているようですね。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ