板金・修理・タイヤ

ダイハツのミラ CBA-L275S  :傷の修理方法と費用 左フロントドア・リアドア・クオータパネル板金塗装 総工賃150,000円

ミラの左フロント・リアドアなどにできたキズを板金・塗装に直させていただきました

ダイハツミラにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

1980年に初登場して以来、軽自動車の人気を牽引してきたミラ。
可愛らしい外観ですが、しっかりした走りと使い勝手のよさ、経済性で、
根強い支持を得ているお車ですね。
このたびご依頼をいただいたミラですが、修理前のお写真がこちらです。
ボディ左側、フロントドア、リアドア、クオータパネルにかけて、
ご覧のようなキズがたくさんついてしまっております。
日々、お客様のよきパートナーとして活躍してくれている愛車が、
こうした状態になって、お客様もとてもご心配のご様子です。
早速、修理に取りかからせていただきました。

【修理前のお写真】

IMG_0516_R.JPGIMG_0518_R.JPG

 作業工程の一部を撮影させていただきました。
ご覧いただいているのは、左リアドアの修理の様子です。
今回は、左フロントドア、左リアドア、左クオータパネルのキズを
板金塗装にて修理いたしました。
左リアドアは一旦ボディから取り外して作業を行っております。
井組自動車では、自社工場を完備しており、修理に適した環境を整えております。
また、板金、塗装のプロがお客様のお車を丁寧に修理しておりますので、
これまでも多くのお客様からご信頼をいただいております。

【修理中のお写真】

IMG_0538_R.JPGIMG_0542_R.JPGIMG_0537_R.JPGIMG_0541_R.JPG

板金にてキズを直し、塗装を施し、磨き上げて作業終了です。
傷ついた愛車を前に、お困りでいらっしゃったお客様でしたが、
ピカピカに磨きあげられた愛車をご覧になり、ホッとしたご様子。
感謝と喜びのお言葉をいただくことができました。
これも私どもにとって、とても励みになりますね。



【車の豆知識】
1980年の初代モデルは、「ミラ・クオーレ」という名称でした。
ご記憶の方も多いかと思います。
2年後の1982年にマイナーチェンジされ、車名も現在の「ミラ」に変更。
フロントグリルのデザインも、このとき変わっています。
現行モデルは、2006年にフルモデルチェンジされた7代目、L275/285型で、
商用モデルのバンを除き、3ドアモデルは廃止されました。
故障しにくく、小回りがきき、コンパクトながら車内は広々。
買い物やちょっとした外出など、気軽に運転を楽しめる車ですね。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ