ペイント・塗装

シトロエン フロントバンパー修理費用(コーティング込)工賃40,000円

シトロエンのフロントバンパーのキズを直させていただきました

シトロエンにお乗りのお客様より修理のご相談をいただきました。

フランス生まれらしい個性的で飽きのこないスタイリングのお車ですね。

ご相談いただいた、お客様の愛車ですが、

左のフロントバンパーにたくさんのキズが確認できました。

濃い色のお車ですし、なんといってもフロントはお車の顔ともいうべき場所。

キズの深さなどをチェックさせていただき、適切な修理方法をご提案させていただきたいと思います。

【修理前のお写真】

P1010374_R.JPGP1010375_R.JPG


今回のバンパーのキズは、基本的な修復作業でお直しできるものと判断いたしました。

キズの塗装面をグラインダーで剥離した後、サンドペーパーなどでサンディングを行います。

必要に応じてパテ整形を施し、塗料メーカーの配合データを基準に、お客様のお車に合ったカラーをお作りします。

塗装範囲以外の部分に塗料が付着することのないよう、マスキングテープとペーパーでマスキングをします。

最後に塗装面を磨いて整え、作業は終了です。 

【修理中のお写真】

P1010376_R.JPGP1010377_R.JPGP1010411_R.JPGP1010415_R.JPG

細かいこすりキズがたくさんついていた箇所ですが、キズ跡もすっかり消えて、ツヤのある表情が戻りましたね。

塗装箇所以外の部分との違和感も全くなく、美しい仕上がりに、お客様もたいへん喜んでくださいました。 

【車の豆知識】

新しい技術を他に先駆けていち早く取り入れることで知られる、シトロエン。

1919年に発売されたタイプAは、シトロエン最初のモデルであり、

ヨーロッパで初の大量生産方式によって製造された車でした。

個性、独自性、先進性。そんな形容がシトロエンにはぴったりですね。

年代を経ても古臭さを感じさせないデザインは、さすがフランスが産んだ名車ならではといえるでしょう。

長く乗り続けるほどに愛着が増していく、そんな車ですね。

頭上まで伸びるフロントウインドウも、独特の開放感を味わうことができます。

こんなところにも、シトロエンの人気の理由がありそうですね。

おすすめキーワード

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ