板金・修理・タイヤ

ダイハツのタント :傷の修理方法と費用 右リアクオーターパネル交換他 部品62,000円+作業工賃66,150円(塗装別途)

タントの損傷を受けた右リアクオーターパネル及びルーフサイドインナーパネル等を交換しました。

ダイハツタントにお乗りのお客様から修理のご依頼をいただきました。

お客様からお預かりしたダイハツタントですが、右側のクォーターパネル近辺に
凹み・傷が数箇所生じていました。
このお車はお客様の営業者でもあり、
お客様のビジネス上も大切な、なくてはならないパートナーです。

修理を承った井組自動車では、一日も早く、元通りのきれいな車体にお直しして、
お客様のもとへお返しするため、修理箇所の状況や範囲をチェックし、
修理計画を立てることとしました。

次のお写真は、修理が必要になっていたクォーターパネル等を外した状態です。
なお、以下の塗装については、別パーツと合わせて本件と別途お見積もりさせていただいております。

IMG_7381.JPG

以下のお写真は、交換用のクォーターパネル等をはめ込んだ状態です。
未塗装のパーツですので、これからさらに塗装を行います。

IMG_7394.JPG

IMG_7395.JPG

続いて、塗装が完了した直後のお写真です。

IMG_7441.JPG

IMG_7442.JPG

IMG_7444.JPG

IMG_7445.JPG

最後に、すべての作業が完了した状態です。

IMG_7487済.JPG

IMG_7501済2.JPG


今回行ったのは以下の作業です。

右リアクオーターパネル交換
 右リアコンビネーションランプ交換
 右クオーターリヤロワエクステンション交換
 右クオーターパネルエクステンション交換
右ルーフサイドインナーパネル交換

損傷を受けたパーツを新しいパーツに交換する作業は、
一見簡単そうに見えるかもしれませんが、
実は細心の注意とセンスが問われる仕事です。
お客様に自信を持ってお渡しできるよう、技能者たちは常に誠実に作業に取り組んでおります。


◆お車の豆知識
ダイハツタントは、室内空間の広さが軽自動車のイメージを変える一台です。
シュッとしたコンパクトノーズと広いキャビンスペースを備えて独自の作りが、
軽自動車の新ジャンルを作り上げています。

ショッピングセンターに買い物に行くにも、
ちょっとしたアウトドアレジャーのために道具を積み込むにも、
使い勝手の良い広さでありつつ、見た目にも可愛めデザインですね。

そしてもちろん軽自動車なので、燃費性能も高く(33代目は2013年の燃費基準+20%を達成)、
税金類が安いことも、お手軽さがあって人気の秘訣。

使い勝手にお手軽感にと、人気になる条件を多様に持っているお車だと思います。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ