板金・修理・タイヤ

トヨタVOXY バックパネルの鈑金作業(一部) 作業工賃 45,000円

VOXYのバックパネル板金作業をさせていただきました

トヨタVOXYにお乗りのお客様から、修理をご依頼いただきました。

バックパネルに大きく傷・凹みがあったため、板金塗装を行わせていただくことになりました。
こちらの写真では、板金塗装のためにバックパネルをいったん取り外した状態になっています。
フロアーがむき出しになっていますね。

バックパネルの板金作業のためには、車のフレーム全体に影響を与えないために、
パネルを一部切断して溶接、一部切断しては溶接という作業を繰り返します。
要所要所コマめに手を入れながら、鈑金作業を行うことにります。

お車のことを考えると、一気に大きく手を入れるより、細かくポイントを押さえながら作業したほうが、確実に良いですからね。


1405127961 (3)-1.JPG


■車の豆知識 トヨタVOXYとは?大容量で低燃費の使い勝手抜群のお車


voxy はトヨタが生産を行う最大8人乗りのミニバンです。
その良さはなんといっても大容量なところ。
ただのミニバンではなく低床フラットフロアを採用したことでミニバン以上の広い開放的な空間を実現しています。

またエンジンは2.0L 3ZR-FAEエンジンで高出力&低燃費を同時に実現するバルブマチックがさらに進化しています。
その証拠に「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」というお墨付きも貰っています。
さらに、低燃費にできるスイッチも搭載されているのです。
このスイッチは押すだけで低燃費モードに切り替わり、冷暖房の効きを調節したり、アクセルの操作に対して駆動力を穏やかにしたりと充実の機能があります。

大容量で低燃費だから、家族や友人との遠出にもピッタリのお車ですね!

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ