板金・修理・タイヤ

日産のセレナ(DBA-CC25):傷の修理方法と費用 左フロントドア、リアドア、リアバンパー、バックドアなどの板金、塗装 作業工賃250,000円(税込)

セレナのフロント及びリアドアに傷、ヘコミなどがありましたので、板金塗装で修理させていただきました。

日産のセレナにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

たとえば走行や運転にすぐに支障が出ない傷やヘコミなどの場合、
つい修理を先延ばしにしてしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、小さな傷ひとつでも放置しておくと、傷が大きくなったり、
劣化が進んでしまうなどリスクも少なくありません。
大切なお車を少しでも長く、よいコンディションで維持するためにも、
早目の修理をおすすめしております。

今回は右フロントドア、リアドアなどに傷やヘコミなどの損傷があり、
お客様から修理のご相談をいただきましたので、
私どもでお預かりし、修理対応させていただくことになりました。

【修理前のお写真】
CIMG3650_R.JPG

CIMG3651_R.JPG

CIMG3652_R.JPG

以下のお写真では作業中の様子をご覧いただけます。
工程の一部ですが、参考にしていただければ幸いです。

右フロントドア、リアドア、リアバンパーなど各部位の損傷を
板金にて修理。
その後塗装専用ブースにお車を移動し、塗装を行いました。

井組自動車ではイタリアから塗装専用ブースを導入しております。
修理工場の他に塗装のための専用空間を確保していることで、
より精度の高い、美しい塗装を行うことができます。
板金も塗装も、車を知り尽くした熟練の職人が担当いたしますので、
どのような損傷のケースでも私どもご相談ください。

【修理中のお写真】
CIMG3710_R.JPG

CIMG3711_R.JPG

CIMG3712_R.JPG

CIMG3713_R.JPG

CIMG3714_R.JPG

CIMG3717_R.JPG

CIMG3718_R.JPG

CIMG3719_R.JPG

CIMG3720_R.JPG


修理後、丁寧に磨き上げられたお車は新車同様といってよい仕上がりに。
ご心配されていたお客様でしたが、きれいになった愛車をご覧になり、
安心されたご様子で、とても喜んでくださいました。
お客様の笑顔を拝見し、私どもも嬉しく思います。
これからもお気に入りの愛車でドライブを存分にお楽しみください!

【修理後のお写真】
P3012805_R.JPG

P3012802_R.JPG

【車の豆知識】
2008年から6年連続でミニバンの国内販売トップとなったセレナ。
ミニバンのベストセラーといってよい人気ぶりです。
2016年には5年ぶりのフルモデルチェンジを経て新型セレナが登場。
前モデルより室内長が180mm長くなり、車に触れずに開閉可能な
「ハンズフリースライドドア」や2通りの開き方ができる
「デュアルバックドア」を装備しています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ