板金・修理・タイヤ

フィアットの500(ABA-31209):左サイドスポイラー修理、塗装 作業工賃40,000円/合計金額(税込)43,200円

500の左サイドスポイラーが傷ついていたため、修理、塗装で対応させていただきました。

フィアットの500にお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

今回のご依頼は、サイドスポイラーの修理についてです。
サイドスポイラーは、ドアの下部にあるサイドステップを覆う
エアロパーツのひとつです。
車体の下に流れ込む空気を整流し車体の浮きを抑える効果のあるもの、
前輪からの小石など異物の跳ね上げからボディ本体を守り、
いわゆる泥除けとしての効果を狙うもの、
車高が低く見えるようなドレスアップ効果のあるものなどがあります。

地面に近く、路面からの異物によって傷つきやすいパーツでもありますね。

お写真でご覧いただけますように、左のサイドスポイラーに
傷やヘコミなどができていました。
お客様が大切にされているお車ですので、一日も早く、
安心してお乗りいただけるようしっかり修理させていただきます。

【修理前のお写真】
CIMG4297_R.JPG

CIMG4298_R.JPG

井組自動車では、修理の前に修理方法、費用、期間などについて
お客様と打合せをさせていただいております。
お車が傷ついてしまい、ご不安も多い中でのご依頼ですので、
修理プランをしっかりと提示させていただくことで、
安心してお任せいただけると思います。

以下のお写真では、全工程の一部になりますが、
作業中の様子をご覧いただけます。

左サイドスポイラーの傷は、研磨、パテ補修などにより修理。
その後、塗装、乾燥、研磨を経て、仕上げました。

サイドスポイラーはバンパーと同様、衝撃を受けた際に、
お車本体を守る役目を持っている、重要なパーツのひとつです。
わずかな傷ひとつでも、できるだけ早目に修理しておくと安心です。
お困りの際には、傷の大小に関わらず、お気軽にご相談ください。
車を知り尽くした熟練の職人たちがしっかりと対応させていただきます。

【修理中のお写真】
CIMG4299_R.JPG

CIMG4303_R.JPG

CIMG4327_R.JPG

CIMG4328_R.JPG

【車の豆知識】
1899年、イタリア・トリノで誕生したフィアットは、
110年以上にわたって世界中で愛されているブランドです。
500(チンクエチェント)は1936年に初代モデルが誕生。
曲線を生かしたオシャレで可愛い雰囲気やレトロ感も人気です。
インテリアでは、インパネがボディカラーと同じなのが特徴。
個性的なカラーを選ぶと室内も楽しさ倍増です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ