板金・修理・タイヤ

フォルクスワーゲンのポロ(DBA-6RCJZ):左フロントドア、リアドア板金塗装 作業工賃130,000円/合計金額(税込)140,400円

ポロの左フロントおよびリアドアにキズができていたため、板金、塗装で修理させていただきました

フォルクスワーゲンのポロにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらは修理前のお車を撮影させていただいたお写真です。
左のフロントドアからリアドアの境界付近に、傷やヘコミができています。
こうした傷やヘコミも早目に修理しておくことをお勧めしています。
修理せずに長く乗っていると、傷が大きくなったり、
この部分から劣化が広がっていくことも考えられます。
ドアの開閉や乗り降りにも支障が出てしまいかねませんので、
車のプロにお任せになれば安心です。

井組自動車にも車を知り抜いた熟練の職人が在籍しておりますので、
お困りの際にはお気軽にご相談いただければ幸いです。

【修理前のお写真】
IMG_2266_R.JPG
IMG_2267_R.JPG
IMG_2268_R.JPG

今回は、左フロントドア、リアドアの傷を鈑金塗装で修理いたしました。
その様子は以下のお写真でご覧いただけます。
修理箇所は、フロントドアとリアドアにまたがる部分です。
まず板金にてキズを直し、元通りのなめらかなフォルムに整えます。

その後塗装専用ブースに移動し、塗装、乾燥、研磨を経て
全工程終了となります。
塗装専用ブースはイタリアから直輸入しているもので、
フェラーリの工場でも使われています。
ヨーロッパ発の最新塗装環境が整っておりますので、
フォルクスワーゲンやBMWなど外国車の塗装にも完璧に対応できます。

【修理中のお写真】
IMG_2349_R.JPG
IMG_2350_R.JPG

修理後のお車の仕上がりはこちらのお写真で。
井組自動車では、他の修理工場で「交換しかない」と言われるケースでも、
板金塗装を基本とし、最善を尽くして修理に取り組んでおります。
今回も熟練の職人により、板金塗装でしっかり修理させていただきました。
新車同様の美しい仕上がりに、お客様も安心されたご様子。
ご満足いただけて本当によかったです!

【修理後のお写真】
PA311995_R.JPG

【車の豆知識】
2018年、約8年ぶりに刷新を行ったフォルクスワーゲンのポロ。
ヘッドライトやボンネットのラインなどで個性を主張しています。
新デザインのフロントバンパーもボンネットを低く見せて安定感を強調。
台形のテールライトにより、シャープな印象になっています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ