板金・修理・タイヤ

トヨタのハリアー(CBA-ACU30W):ルーフパネル・フード・左フロントフェンダ・右フロントフェンダ板金塗装、ウインドシールドガラス・バックドアガラスなどの交換、他

ハリアーのフード、ルーフパネルにヘコミやキズなどがありましたので、板金塗装で修理させていただきました。

トヨタのハリアーにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

こちらはお客様よりご相談いただいた際に撮らせていただいたお写真です。
今回は、ルーフパネル、フロントフード、フロントバンパー他、
各部位に傷、ヘコミなどの損傷がありました。

大切にお乗りのお車が傷ついてしまい、お客様もお困りのご様子。
修理についても、ご心配なことが多いのではとお察しいたします。
こんなときこそ、私どもの出番です!

井組自動車では、作業に取りかかる前に、必ずお客様と
修理内容について打合せを行っております。
修理方法、期間、費用などを含め、具体的な修理案を提示。
お客様からのご質問、ご要望、ご予算なども伺い、
内容について十分にご理解、ご納得いただいてから作業に入ります。

一日でも早く、そして完璧にお直ししてお返ししたい。
そんな気持ちで修理に取り組んでおりますのでご安心ください。

【修理前のお写真】
CIMG1270_R.JPG

CIMG1271_R.JPG

CIMG1272_R.JPG

CIMG1273_R.JPG

今回対応させていただいた主な作業内容は次の通りです。

◎交換
 バックドアガラス
 ウインドシールドガラス
 左フロントワイパーブレード
 右フロントワイパーブレード
 その他関連部品

◎脱着、板金
 フロントバンパーカバー
 左フロントフェンダ
 右フロントフェンダ
 左フロントドアパネル
 左リアドアパネル
 右フロントドアパネル
 右リアドアパネル
 リアバンパーカバー
 ルーフパネル
 リアスポイラー
 他

◎塗装(アンダーコートを含む)

以下のお写真では、フード、ルーフパネル、バンパーなどの
修理の様子を中心に紹介しております。
ご参考になれば幸いです。

各部位の傷やヘコミを修理した後、塗装専用ブースにて、
塗装、乾燥、研磨を行い、仕上げました。

全工程終了後、すっかり元通りになったお車をお客様のもとへ。
心配されていたお客様も、きれいになった愛車をご覧になり、
大変喜んでくださいました。

【修理中のお写真】
CIMG1282_R.JPG

CIMG1283_R.JPG

CIMG1284_R.JPG

CIMG1285_R.JPG

CIMG1300_R.JPG

CIMG1301_R.JPG

CIMG1302_R.JPG

CIMG1308_R.JPG

CIMG1309_R.JPG

CIMG1310_R.JPG

CIMG1326_R.JPG

CIMG1327_R.JPG

CIMG1328_R.JPG

CIMG1330_R.JPG

CIMG1331_R.JPG

【車の豆知識】
高級クロスオーバーSUVというジャンルの先駆者的存在のハリアー。
2013年にフルモデルチェンジを行い、現行3代目となるモデルは、
2.0L直列4気筒ガソリンエンジンにCVTを組み合わせる他、
2.5Lエンジンのハイブリッドもラインナップされています。
 

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ