板金・修理・タイヤ

フィアットの500(ABA-31212):リアバンパー修理、塗装 作業工賃60,000円(税別)

フィアット500のリアバンパーにキズやヘコミができていたので、修理、塗装にて対応させていただきました。

フィアットの500にお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

独特の丸みを帯びたフォルムとブルーのボディが目を惹くお車ですね。
お客様のお気に入りの愛車ですが、今回はリアバンパー部分に
引っ掻かれたようなキズができてしまったとのことで、
修理のご相談をいただきました。

こちらは修理前のバンパーの様子です。
バンパーはぶつけたり、障害物に擦ったりした際に、
お車の大事な部分を守るという役目があります。
ちょっとしたことでキズやヘコミができてしまうことが多いのですが、
運転や走行にすぐに影響が出ないからといって、
修理をつい後回しにしてしまうケースもよく見聞きします。

しかし、お車をよりよい状態で維持していただくためにも、
早目の修理をお勧めしています。
今回も私どもにお任せくださることになりましたので、
しっかり修理してお返ししたいと思います。

【修理前のお写真】
CIMG1530_R.JPG
CIMG1531_R.JPG

以下のお写真でリアバンパーの修理中の様子を紹介しております。
キズの面に丁寧に研磨をかけ、必要に応じてパテで補修。
さらに研磨を行い表面をなめらかに整えた後、塗装を行います。

塗装はイタリアから導入している塗装専用ブースで行っています。
本国ではフェラーリの塗装でも使われているブースで、
温度管理や異物混入を防ぐなど、高度な環境を整えています。

今回お預かりしたフィアットのような外国車でも、
オリジナルに忠実な美しいカラーを再現することができ、
多くの外国車オーナー様からも高い評価をいただいております。

【修理中のお写真】
CIMG1532_R.JPG
CIMG1533_R.JPG
CIMG1534_R.JPG
CIMG1574_R.JPG
CIMG1580_R.JPG

修理後のお車はこちらのお写真でご覧いただけます。
キズやヘコミのあったリアバンパーですが、すっかり元通りに。
塗装面も美しく、新車同様といってよい出来栄えですね。

お客様からも喜びと感謝のお言葉をいただき、
スタッフ一同、大変嬉しく、励みになりました。

【修理後のお写真】
PB222142_R.JPG

【車の豆知識】
フィアットのコンパクトカー、500は総排気量1240cc、
直列4気筒SOHC8バルブエンジンを搭載。
初代フィアット500の可愛らしさを引き継ぎつつ、
さらに現代的な装備を充実させ、快適で安全、
環境にも優しい、リーズナブルな一台として注目されています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ