板金塗装 実例集 国土交通省認定工場 自動車保険会社指定修理工場 JA共済指定自動車修理工場

板金・修理・タイヤ

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

トヨタのプレミオ(DBA-NZT260):左ロッカーパネル板金、塗装 作業工賃65,000円

プレミオの左ロッカーパネルにヘコミやキズがありましたので、板金塗装で修理させていただきました。

トヨタのプレミオにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

今回のご依頼はロッカーパネルの修理です。
こちらのお写真は、作業前のお車の様子ですが、
左のロッカーパネル部分にヘコミやキズができています。

大切な愛車が傷ついてしまい、お客様もお困りのご様子。
このまま乗っていても、すぐに影響が出るとは限りませんが、
キズやヘコミを放置しておくと、損傷が広がったり、
劣化が進む原因にもなりかねません。

どんな小さなキズやヘコミでも、早目に修理しておくことで
お車をよりよい状態に維持することができます。

どのような修理を行うか、期間や費用はどれくらいかなど、
具体的な修理内容についてお客様に十分ご納得いただけましたので、
しっかり修理してお返ししたいと思います。

【修理前のお写真】
IMG_4301_R.JPG
IMG_4302_R.JPG

今回は左ロッカーパネルの損傷を板金塗装で修理いたしました。
以下のお写真で工程の一部を紹介しておりますので、
ご参考になれば幸いです。

ロッカーパネルはサイドシルガードとも呼ばれています。
サイドシルとは左右のドアの真下にあるフレームのことをいいますが、
この部分を跳ね石やタールなどから守るのがロッカーパネルの役目です。
車の剛性や強度を左右するサイドシルを保護するロッカーパネルは、
お車にとって重要なパーツの一つと言ってよいでしょう。

お車をよい状態で長持ちさせるためにも、この部分の損傷は
しっかり修理しておくことが大切です。
井組自動車では、年間3000件ものご依頼をいただいていますが、
ロッカーパネルの修理事例も豊富です。

万が一のときには、キズの範囲が小規模であっても、
ぜひ一度、私どもにご相談いただければと思います。
熟練の職人たちが対応いたしますので、ご安心くださいね。

【修理中のお写真】
IMG_4364_R.JPG
IMG_4367_R.JPG

【車の豆知識】
高級感と格調の高さを兼ね備えたセダン、プレミオ(PREMIO)。
エンジンフードからバンパーへ大きく張り出したセンター部や
フロントからリアに抜けるサイドプロテクションモールが特徴です。
FFセダンらしく、広い荷室が確保されており、
シートもしっかりしているので長時間のドライブも快適です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ