板金塗装 実例集 国土交通省認定工場 自動車保険会社指定修理工場 JA共済指定自動車修理工場

板金・修理・タイヤ

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

フォルクスワーゲンのゴルフ(DBA-AUCPT):フロントバンパー、リアバンパーの修理、右クォーターパネルの板金、右リアドアの交換、他脱着

ゴルフのフロントバンパー、クォーターパネル、リアバンパー、リアドアなどに傷が見られましたので、板金、修理、交換にて対応いたしました。

フォルクスワーゲンのゴルフにお乗りのお客様から修理のご依頼をいただきました。

自動車というのは一度の人生でそう何度も乗り換えるものではありません。
そのため、一台に感じる愛着というのもとても大きくなります。

今回のお客様もご自身のお車をとても気に入っていらっしゃる方でした。
自分が好きな自動車を持つ。
車好きにとってこれほど幸福なことはないのではないでしょうか・

さて、そんな大切なお車に今回は何やらアクシデントあったようです。
お客様のお顔も、思わぬトラブルに意気消沈といったご様子。
早速お車の状態を確認させていただきますと、
リアの右側とフロントバンパーに損傷が確認できました。

修理前
IMG_1073_R.JPG
IMG_1074_R.JPG

見させていただいた情報をもとに修理プランを作成し、お客様にご説明していきます。
その際、私どもはお客様の心の中にある疑問や不安などを徹底的に取り除くことを意識しています。
お客様の大切なお車をお預かりするわけですから、当然のことです。

みなさまも、何か修理に際して疑問に思うことがあれば、お気軽にお申し付けください。

さて、お客様にも十分ご納得いただけた修理プランは以下の通りです。

◎板金
右クォーターパネル

◎修理
フロントバンパー
リアバンパー

◎交換
右リアドア

◎脱着
右テールランプ
右フロントドア付属品

◎塗装

リアバンパーは、脱着、分解、修理にて対応させていただきました。
修理を行う際に一度部品をお車本体から取り外し、分解したうえでおこなうと、
脱着分解をしないでする修理に比べ仕上がりのクォリティに差が出ます。

しかし、お客様によってはより高度な修理よりも、ご予算内に抑えることを優先されるかもしれません。
そんな時には、遠慮なくご相談ください。
お車の損傷の程度によっては脱着や分解をせずに修理をすることも可能です。
井組自動車ではお客様のためになる修理を心掛けておりますので、
ご要望には真正面から取り組ませていただきます。

修理中
IMG_1138_R.JPG
IMG_1142_R.JPG
IMG_1139_R.JPG
IMG_1143_R.JPG
IMG_1141_R.JPG
IMG_1145_R.JPG
IMG_1140_R.JPG
IMG_1144_R.JPG

【車の豆知識】
フォルクスワーゲンのゴルフといえば、
世界中のメーカーがハッチバック開発におけるベンチマークにしているほど
全ての機能が高い次元で充足されている一台です。
ドイツ本国では廉価グレードも販売されていますが、
日本に輸入されているのは一定以上のグレードということもあり、
乗っている方の満足度が高いのも特徴です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ