板金・修理・タイヤ

アウディのA4(DBA-8KCDN):左リアドア、左リアドアウェザーストリップ交換/左ロッカーパネル板金、左フロントドア付属品の脱着修理、塗装 〔自動車保険利用〕

A4の左リアドア他の交換、左ロッカーパネルなどの板金、修理、塗装を行いました。

アウディのA4にお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

今回は自動車保険を利用され、保険の範囲内でパーツ交換やキズ・へこみの修理など、
出来る限りのことをしっかり対応させていただきました。

さて、A4といえば洗練された雰囲気が素敵なお車ですね。

高い動力性能と安定感ある走りで、日本でもファンが多いと聞いています。
さて、今回は、そのA4のオーナーであるお客様からご相談いただきました。
早速拝見しましたが、左のリアドアにキズとヘコミができていました。
その状態はお写真でご覧いただいている通りです。
井組自動車では、どのようなキズやヘコミでもできる限り板金でお直しいたしますが、
ときにはパーツ交換が必要になることもあります。
お客様と十分お話をし、修理プランにご納得いただいてから作業を始めますので、
安心してお任せいただければと思います。

【修理前のお写真】

P1050786_R.JPGP1050787_R.JPGP1050788_R.JPG

今回行った作業は次の通りです。

◎パーツ交換
 左リアドア
 左リアドアウェザーストリップ
 左リアドア付属部品
◎修理
 左ロッカーパネル板金
 左フロントドア付属品脱着
◎塗装
 左フロントドア
 左リアドア
 左リアフェンダー

修理中のお写真で作業工程の一部をご紹介しています。
今回、左リアドアのキズやヘコミ、それらによる変形が大きかったので、
パーツ交換となりました。
大きなパーツですと費用も気になるところではないかと思いますが、
お客様のご予算に応じて、新品・中古品・リビルド品など多彩なラインナップから、
質の高いものを厳選して取り寄せ、対応しておりますので、
ご要望があれば遠慮なくお聞かせくださいね。

【修理中のお写真】

P1050789_R.JPGP1050790_R.JPGP1050791_R.JPGP1050818_R.JPGP1050819_R.JPGP1050820_R.JPGP1050822_R.JPG

リアドアの交換他、板金、塗装などの作業がすべて終了いたしました。
塗装を施し、磨き上げられて、新車同様の輝きを取り戻すことができましたね。
ご心配されていたお客様も、美しい仕上がりに大満足のご様子でした。

【修理後のお写真】

P2183128_R.JPG


◆アウディの他の修理・整備実績はこちら【アウディの修理・整備事例集】から


【車の豆知識】
2008年の発売開始以来、高い人気を誇るアウディのA4シリーズ。
セダンタイプのA4と、ステーションワゴンのA4アバントの2タイプがあります。
2016年2月には、セダンのA4のフルモデルチェンジが行われました。
駆動方式は、FWD(前輪駆動)とquattro(フルタイム4WD)。
エンジンは、2L直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジンを搭載しています。
乗り心地もたいへんよく、ロングドライブも快適に楽しめる車です。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ