整備

アウディAの車検はお任せください!車検、タイミングベルト交換、ドライブシャフトブーツ交換、その他点検修理

アウディA4車検

A4アヴァントの車検整備事例をご紹介

S__11984935_Rk.jpg

 

スペースが少ないため、まずはバンパーを外します。

S__11984936_Rk.jpg

 

こちらは、前周りを外した部品たちです。

S__11984937_Rk.jpg

 

ここまでスペースを開ければ、作業がしやすくなりますね。

S__11984938_Rk.jpg


こちらはファンベルト&ファンベルトテンショナー 。

これから外していきます。

S__11984939_Rk.jpg


タイミングベルトが見えてきました。

S__11984940_Rk.jpg


こちらは別角度からの写真です。

S__11984941_Rk.jpg


こちらは、これから組み付けをする新品の部品です。

S__11984942_Rk.jpg

 

外したタイミングベルトを見てみると、亀裂が入っていそうで今にも切れそうな状態!

危機一髪! 予防整備がいかに大切なことかを改めて知る瞬間ですね。

S__11984943_Rk.jpg

 

いかがでしょうか? 裏側からみると、イマイチわかりにくいでしょうか!?(笑)

S__11984944_Rk.jpg


こちらが新品のタイミングベルト(表)です。

S__11984945_Rk.jpg

 

こちらが、タイミングベルトの裏側。

S__11984946_Rk.jpg

 

ウォーターポンプを外したあとは、このように合わせ面がされているので、

きれいに下処理をしておきます。

S__11984947_Rk.jpg

 

こちらが処理後の写真です。

(※他店では、普通、ここまで手の込んだ作業をしないことが多いようですが、

井組自動車では、きちんと手の込んだ作業まで行っています。

私たちにとっては当然のことなんですが。。。)

S__11984948_Rk.jpg


下処理をした様子を拡大してみました。

S__11984949_Rk.jpg


ここからは、新品部品を元通りに組んでいく作業です。

S__11984950_Rk.jpg

 

S__11984951_Rk.jpg

 

無事にウォターポンプ、タイミングベルト関係の組み付け完了です。

S__11984952_Rk.jpg

 

こちらは、水温センサーの交換なんですが、外からは全く見えない場所についています。

S__11984953_Rk.jpg

 

こちらの写真で、かろうじて見えています。

S__11984954_Rk.jpg

 

なんと、バッテリーの下に水がたまっていますが、何故なのでしょう??

S__11984955_Rk.jpg


ブレーキのマスターバックが したっていますね。。。 

S__11984956_Rk.jpg

 

こちらの写真、おわかりでしょうか?

水が溜まっていますね。

原因は、「水ぬきあき穴」が、詰まってしまっていることのようです。

S__11984957_Rk.jpg


そしてこちらが、水抜き穴の清掃後の写真です。 

S__11984958_Rk.jpg

 

経年劣化のため、フューエルレギュレーターのホースに穴が空いています。

エンジンのかかりが悪いときは、この部品の経年劣化が原因であることが多いですね。

S__11984959_Rk.jpg


こちらが 経年劣化したフュエールレギュレータのホースです。 

S__11984960_Rk.jpg

 

こちらは、交換をさせていただいたホースです。

S__11984961_Rk.jpg

 

こちらも交換後のホース。

S__11984962_Rk.jpg

 

ドライブシャフトブーツも交換します。

S__11984963_Rk.jpg


ばらばらに分解して、各部の清掃を行います。

S__11984964_Rk.jpg

 

ABSランプがついていた原因がこれ。

ブレーキランプスイッチ不良のためでしたので、

新品に交換します。

S__11984965_Rk.jpg

 

S__11984966_Rk.jpg

 

 

以上の通り、アウディA4の、

・タイミングベルト

・ウォーターポンプ

・フューエルレギュレーターのホース交換

・ブレーキランプスイッチ

の交換作業が終了しました。


もしかしたら、他の修理工場の「車検」では、

この「水漏れ」は、見過ごされていたかもしれませんね。。。

また、警告灯の診断なども、他の工場では診断しきれなかったかもしれません。


しかし、井組自動車には、外車修理のプロの笠原さんがいますので、

お客様にご安心いただける、精度の高い診断を提供いたします。


特に、輸入車の場合には、経験豊富なメカニックの診断が必要となりますので、

輸入車にお乗りのお客様は、ぜひとも、井組自動車にお越しいただきたいと思います。

安心、安全な整備・点検・修理を、責任持って提供させていただきます!


◆アウディの他の修理・整備実績はこちら【アウディの修理・整備事例集】から


【車の豆知識】

日本では1995年に初代モデルが導入された、アウディA4。

そして2015年、5代目となる新型A4が登場しました。

全長4,730mm、全幅1,840mmt、全高1,430mm、

ホイールベース2,820mmと、先代より10mm長く、15mmワイドになったものの、

基本的な形は一目見てすぐにA4だと分かるボディデザインです。

他の追随を許さないデザインの美しさ、

当然のことながら走行性能にも優れており、安定性、加速、ハンドリングともに言うことなし。

長年のアウディA4ファンの期待を裏切らない仕上がりになっています。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ