ペイント・塗装

トヨタハイエース CBF-TRH200V リアバンパー修理、右リアフェンダ、右スライドドア他の板金塗装、右テールランプ交換

ハイエースの右スライドドア、リアゲート他の傷、ヘコミを板金塗装にて修理いたしました。

トヨタハイエースにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

商用車としても、アウトドドアレジャーを楽しむ車としても重宝されていますね。
荷物がたくさん積めて、大人数での移動もラクラク。
視界がよく、運転もしやすいということで長く親しまれている車ですね。
今回はそんなハイエースにお乗りのお客様から修理のご相談をいただきました。

写真のとおり、リアバンパー、右スライドドアなどに傷やヘコミができていますね。
右のテールランプにも破損がみられます。
日々、お客様の足として活躍してくれている愛車ですから、
一日も早く、傷やヘコミをきちんと修理してあげたいですよね。
ということで、早速、修理作業に入らせていただくことになりました。

【修理前のお写真】

GEDC2271_R.JPGGEDC2273_R.JPGGEDC2275_R.JPGGEDC2276_R.JPG

今回、修理した箇所と作業内容は次の通りです。
 ◎リアバンパー修理
 ◎右リアフェンダ板金塗装
 ◎リアゲート板金塗装
 ◎右スライドドア板金塗装
 ◎左クォーター・パネル板金塗装
 ◎右テールランプ交換
スライドドア、リアフェンダなどは本体から取り外して修理を行いました。
より正確に、完璧に修理するためにも、脱着作業はとても重要なものです。
井組自動車では、作業専用の自社工場、塗装専用ブースを完備しているので、
こうした大がかりな作業もスムーズに行うことができます。
とくに塗装は、ホコリなどが付着しないように細心の注意が必要なので、
専用ブースが大活躍してくれています。

【修理中のお写真】 

GEDC2288_R.JPGGEDC2289_R.JPGGEDC2291_R.JPGGEDC2297_R.JPGGEDC2299_R.JPGGEDC2300_R.JPGGEDC2301_R.JPGGEDC2312_R.JPGGEDC2313_R.JPGGEDC2315_R.JPGGEDC2316_R.JPG

こちらが修理完了後のお客様の愛車のお写真です。
数カ所にわたって傷やヘコミができていましたが、
きれいに元通りの姿になっているのがおわかりいただけるかと思います。
ご心配されていたお客様も、「想像以上にきれいな仕上がりで大満足」と、
とても喜んでくださいました。

【修理後のお写真】

GEDC2321_R.JPGGEDC2325_R.JPGGEDC2323_R.JPG

【車の豆知識】
1967年に初代モデルが登場してから48年。
ロングセラーミニバンとして、長く親しまれ、活躍している車ですね。
現行モデルは2004年に登場した5代目、H200系です。
実に15年ぶりのフルモデルチェンジで、全長4.7m以上のものは、
すべて全幅が1880mmのワイドボディ車となり、居住性がさらに向上。
先代のシフトレバーはフロアでしたが、200系では全車インパネシフトになり、
運転席と助手席間での車内移動にも配慮されています。
パーツが豊富でカスタムを楽しめるのも、車好きには好評ですね。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ