板金・修理・タイヤ

ダイハツのタント DBA-LA600S  :傷の修理方法と費用 フロントバンパー脱着、右サイドポート板金、塗装、他 総工賃51,200円

タントのフロントバンパー他のキズの修理や、パーツ交換を承りました。

ダイハツタントにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。
「タント」というネーミング、響きがカワイイですね。
2003年にダイハツから登場した軽トールワゴンは、視界がよく、運転しやすい上、
見た目以上の広々した車内空間が魅力です。
このたびお預かりすることになった、お客様のご愛車からも、
遊び心たっぷりなデザインと実用性を備えた、キュートさを感じさせますね。
早速、キズやヘコミなどのチェックをさせていただきました。
お写真でおかわりいただけますように、フロントバンパー周辺に、
キズができていましたので、直し作業に取りかかることになりました。

【修理前のお写真】

IMG_0284_R.JPGIMG_0285_R.JPG

 今回の作業内容は次の通りです。
 ◎フロントバンパー脱着修理
 ◎右サイドサポート板金
 ◎フェンダ調整
 ◎ヘッドライト交換(お客様のお持ち込み)
 ◎塗装
フロントバンパーは、一旦ボディから取り外し、キズ部分を修理、
塗装で仕上げた後、再びボディに取り付けます。
これが脱着という作業になります。
お写真ではその一部をご覧いただけるかと思います。
井組自動車では自社工場を完備し、熟練の板金、塗装スタッフが、
お客様にご満足いただけるよう、常に全力で作業に取り組んでおります。

【修理中のお写真】

IMG_0295_R.JPGIMG_0297_R.JPG

 修理後のお写真がこちらです。
フロントバンパー、フェンダ、ヘッドライトもすっかりきれいになりました。
お預かりしたときには、少し不安そうにしていらっしゃったお客様も、
修理完了後のタントをご覧になり、大変満足されたご様子で、
私たちもそんなお客様の笑顔に触れ、とても嬉しく思っております。

【修理後のお写真】

IMG_0319_R.JPGIMG_0320_R.JPG


【車の豆知識】
ダイハツ「タント」は、初代がTanto、2代目がTANTO、
そして2013年にフルモデルチェンジされた3代目がTanToというように、
表記が少しずつ変わっているんですね。
3代目となるLA600S、LA610Sは、助手席のスライド幅を10cm拡張し、
38cmのロングスライド化を実現することによって、
2代目で採用された「ミラクルオープンドア」の使い勝手がさらに向上。
助手席のみだったスライドドアは両側スライドとなり、
一部グレードにはパワースライドドアも導入されています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ