板金・修理・タイヤ

シトロエンDS5 左クォーターパネル 板金塗装 99,600円 

シトロエンDS5のクォーターパネルをきれいに仕上げさせていただきました

シトロエンDS5にお乗りのお客様から、部品交換をご依頼いただきました。
シャープでキレのあるボディに、落ち着いたレッドで高級感が漂い、プレミアム感を感じるお車です。

ところで、今回ご依頼いただいたお車はお写真の通り、左側のクォーターパネルの前部が、深くへこみ、横一線の傷がついています。
隣に停めている車が歪んで写りこんでいる姿に、へこみの深さを感じますね。
走行中に、何か先端が尖ったものに横からぶつかってしまったのかもしれません。

今回の場合は、板金でへこみを直し、さらに傷を磨いて凸凹をなくし、最後にこの車のレッドに合わせて調合した塗料で塗装いたしました。
修理をご依頼いただいたことに感謝して、対応させていただきました。

1310216956_1.JPG

■車の豆知識 シトロエンDS5とは?フランス大統領の就任パレードでも使われた由緒正しいフランス車

シトロエンはフランスの自動車メーカーで、現在はPSA・プジョーシトロエングループの1企業として活躍をしています。
先進技術をいち早く取り入れるメーカーとして有名で、「10年進んだクルマを20年間つくり続ける」と形容されるほど。

またユニークなクルマづくりでも名をはせており、「フランスの民具」、「走る物置」と呼ばれ愛された、経済車の「2CV」などオリジナル性の高いクルマもつくっています。
シトロエンDS5はそんなシトロエンが製造と販売を手掛ける、Dセグメント・5ドアクロスオーバーSUV型乗用車です。
2005年にフランクフルトのモーターショーで展示された「C-スポーツラウンジ」の血をひくクルマであり、発表当時からフランス国内での話題をさらいました。

見た目は5ドアハッチバックとステーションワゴンの中間のようなクロスオーバーSUVであり、「シューティングブレーク」をイメージしてつくられています。
またルーフにこだわりがあり、ルーフスイッチは航空機のコックピットがイメージされたつくりになっているほか、サンルーフは3分割に。
伝統的にシトロエンは大統領の就任式のオープンカーを提供しているメーカーで、このシトロエンDS5も2012年のフランソワ・オランド大統領の就任パレードに使用されました。

一度は乗りたい格式と独特の個性があるお車ですね!

おすすめキーワード

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ