「こどもの国」から400m。横浜青葉ICから車で10分、横浜町田ICから車で13分 東京・横浜からアクセスの良い板金工場です。
港北区の港北・都筑作業所は、都筑インターから車で3分。横浜・川崎・町田全域のお客様にご対応可能。

国土交通省認定工場
トップ > 板金塗装 >井組自動車の“塗装”への究極のこだわり

井組自動車の"塗装"への究極のこだわり。

ご愛車のために、こだわりたい方には聞いていただきたい

井組自動車の塗装には、深いこだわりがあります。そのこだわりは2つだけ。

一つは、『フェラーリなどの高級車メーカーが使っている最新の塗装技術と、大差ない最新の技術で塗装をすること』

そしてもう一つは…『ご愛車に、きっちりと色を合わせる、完璧な"色合わせ"の職人技』

たとえ、お客様のご希望に合わせた良心的な価格での修理でも、
"絶対に妥協しない"
井組自動車のこだわりを知ってください。

ご愛車が最高の状態で修理されなければ、
たとえ価格で喜んでいただいても、私たちは嬉しくありません。

「本当に元通りだ」「また乗っていける」と、喜んでいただけるお客様の顔。

そして、いつまでも色あせることなく、ご愛車に乗り続けていただけるお客様の日常。

それが、私たちにとって最も嬉しい報酬です。

だから、どんな修理にでも、私たちは100%できることをやります。
そのために、『最高の塗装技術』を常に追いかけ続けています。

まず、一つ目のこだわり。『最新の技術を仕入れ続けること』

高級車メーカーをはじめ、自動車メーカーと同じ最新の技術で塗装をするためには同じく最新の設備が必要です。

だから、道具が進化すれば、どんなに高価なものでもきちんと導入していく。
それが井組自動車のスタイルです。

フェラーリも使う塗装ブースで、世界最高の塗装環境を再現しています

そのために、井組自動車ではフェラーリの塗装にも使われている塗装専用ブース『サイマ』をイタリア本国から直接輸入し、設置しています。

いまだに多くの板金塗装工場では青空の下でエアブラシを持っている姿を見かけますが、それでは小さなホコリや砂などが、塗装についてしまうことがあります。

しかし、塗装専用のブースがあれば、小さなほこり一つない空間で、
新車同様の完璧な塗装をすることができます。

さらに、ホコリを防ぐだけではなく、塗装に最適な温度を維持したり、
耐久性の高い焼き付け塗装を行ったりと、
最新の塗装技術にも対応することができます。

塗料は欧州産の最高級塗料『R-M』と国内最高のパフォーマンスを持つ『ロック』

そして使う塗料はほぼすべて『R-M』の塗料。ベンツやBMW、アウディなどの欧州車ほぼすべてで純正色として使われている塗料です。

しかし、ただ高級だからというだけで使っているわけではありません。

お客様への安心感という面だけではなく、色々な塗料を使用し続けてきた結果、現段階では、一番「色艶」に優れた塗料だと実感したので、R-Mを使用しています。
R-Mの場合、車種ごとに指定されたカラーをコンピュータが200種類以上の豊富なカラーデーターから自動的に調合し、純正色を作ります。
しかし、新車でなければ少し「くすみ」なども出ているはずで、元のカラーでは合いません。
ですから、そのあとは塗装職人により、最終的には「目」で、微調整をします

国産塗料に比べて、塗料代は、品質が良い分、値段が高くなってしまいますが、もともとのボディに適合した塗料を、再修理の時も使用することにより、車全体のバランスを保持することが出来ます。

また、できるだけ費用を抑えたいお客様のためにご用意しているのが、国内塗料メーカーの「ロックペイント」です。
日産のゴーン社長が、日産リバイバルプランで、全世界的な経費の見直しを図った時に、値段と品質のトータルバランスで勝ち残ったのが「ロック」でした。

実際、日産のゴーン社長のお墨付きの通り、品質的にも値段的にも素晴らしいものです。

ですので、お値段重視のお客様には、
値段も安くかつ、品質も良い「ロック」を使用しております。

そしてもう一つの重要なこだわり。最高の塗装を実現するのは、塗装をする職人の『技』

井組自動車では、設備以上に『職人』にこだわっています。

塗装職人は塗装ができればいいというわけではありません。

・色のわずかな差を見分け、
・100%に近いレベルの現状のお車と同じカラーを作ることができ
(乾いている時と、塗りたての濡れている時では、
全く見た目の色が違うので、すごい技です!)
・自分の腕を過信することなく最新の塗装技術を学び続けること
・そして何より、全ての仕事に真剣に100%の能力を以て取り組むこと

これが、最高の職人だと思っています。

コンピューター調合できるカラーには限界があります。
購入後数年、青空駐車だった車に、コンピューター調合の塗料を塗れば、バンパー部分やドア一枚が浮いてしまうということも良くあります。

つまり、完璧な仕上がりのために重要なのは、
何より塗装職人の「目」が確かどうかということです。

井組自動車の塗装職人が繰り出す塗装芸を、
ぜひ、一度、お試しになってはいかがでしょうか?

日中の空の下、夜のライトの下、薄暗い駐車場、
どんなシーンでも修理個所が分からないような、
『こだわりの塗装技術』を体感してください。

井組自動車の塗装技術をご覧ください

井組自動車では、板金塗装だけでなく、
オールペイントや旧車のレストアも行っております。

下記に、レストア塗装でよみがえった70年代の名車『トライアンフ』が復活するまでの塗装の流れを紹介します。

塗料にまでこだわった、こだわりのレストアです。
そしてもう一つ、こだわりのオールペイントの例として、
プジョーの例をご紹介いたします。

井組自動車のレストア(トライアンフ)

これがお持ち込みいただいた当初のトライアンフの状態です。
年月を経て、塗装が全体的にくすんでしまっています。

塗装面の小さなでこぼこも多いため、まずはサーフェサーを塗り、
きれいな平面になるように磨きます。いわゆる下地処理をしているところです

分解できる部分は分解し、塗装を始めます。
どのパーツも同じ色になるように組上げた後、色がきっちり合うことが腕の見せ所です。

まだまだ乗り続けられる、素晴らしいオーラのある車へとよみがえりました。
美しくなった旧車には、最新の車にはない威厳と艶やかさがあります。

井組自動車のオールペイント(プジョー)

これがお持ち込みいただいた当初のプジョーの状態です。
年月を経て、塗装が全体的にかすれ薄くなってしまっている部分もあります。

分解できる部分は分解し、塗装を始める処理をします。
小傷などが目立つ部分はサーフェサーを塗り、平面になるように磨きます。
職人の腕の見せ所です。

一つ一つ丁寧に塗装をします。
塗装ブースの中で、丁寧に、ホコリの一つもつかないように仕上げます。

まるで新車のような、車へとよみがえりました。
まだまだ何年も楽しめそうですね!

井組自動車での修理をご希望の場合、
以下のページよりお見積りをお申し込みください。

板金塗装メニュー

▲このページのトップへ戻る

無料オンラインお見積もりフォーム

  • はじめての自動車修理
  • 板金塗装-仕上がりに自信があります!
  • 井組自動車-塗装への究極のこだわり
  • 職人車検-リピート率ほぼ100%!
  • タイヤ交換-持込みタイヤ大歓迎!
  • コーティング-愛車を長持ちさせるために
  • 中古車売買-大人気のサービス
  • 法人様サービス-安心してお任せ下さい!
  • 引取り納車-忙しいあなたに
  • 代車・レンタカー-ご用意しております
営業日カレンダー

白色:月~金 朝9時~夜7時30分 水色:土曜日 朝9時~夜6時 ピンク色:日曜日 朝9時~15時 黄緑色:定休日

※11:45~13:15 お昼休み
※受付は営業終了時間の30分前まで

アクセス地図:横浜市青葉区奈良町1843-80