板金・修理・タイヤ

ポルシェのカイエン(GH-9PA50A):左フロントドア、左サイドステップ、左リアドア他の交換、フロントバンパー、ヘッドライト、左テールランプ他の脱着、塗装など

カイエンの左サイドステップ他にヘコミや傷ができていたため、パーツ交換で対応させていただきました。

ポルシェのカイエンにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

ポルシェのような外国車にお乗りのお客様からお聞きするのは、
いざというときの修理についてのお悩みです。
料金や納期はもちろんですが、修理の質も気になることでしょう。
そんなときこそ、井組自動車を思い出してください。

井組自動車では年間3000件以上のご依頼のうち、
約半分が外国車の修理や整備です。
ポルシェをはじめ、BMW、メルセデスベンツ、アウディなど
ほぼ全てのメーカー・車種に対応しておりますので、
安心してお任せいただけると思います。

【修理前のお写真】
CIMG1905_R.JPG
CIMG1906_R.JPG
CIMG1907_R.JPG

今回、私どもで対応させていただいた主な内容は次の通りです。

◎交換
 左フロントドア
 左サイドステップ
 左リアドア
 左リアディスクホイール(タイヤ点検を含む)
 他関連部品など

◎脱着、分解
 フロントバンパー
 左ヘッドライト
 左フロントフェンダ付属品
 左クォーターガラス
 左テールランプ
 
◎塗装

以下のお写真では作業中の様子をご覧いただけます。
今回は傷やヘコミなどの損傷の程度から判断し、
交換での対応がメインとなりました。

井組自動車では、板金・塗装での修理を基本としており、
安易に交換に頼ることはいたしませんが、
より安全に快適にお乗りいただくために交換を行うこともあります。

費用面なども気になることと思いますので、ご予算やご要望など、
どんなことでも遠慮なくお申し付けください。

【修理中のお写真】
CIMG1961_R.JPG
CIMG1962_R.JPG
CIMG1963_R.JPG
CIMG1966_R.JPG
CIMG1967_R.JPG
CIMG1968_R.JPG
CIMG1985_R.JPG
CIMG1986_R.JPG
CIMG1987_R.JPG
CIMG1988_R.JPG
CIMG1989_R.JPG
CIMG1990_R.JPG
CIMG1991_R.JPG
CIMG1992_R.JPG

こちらが修理後のお車の様子です。
艷やかな塗装面が美しいですね!
すっかり元通りになり、新車同様といってもよい仕上がりに
お客様も大変満足されたご様子。
喜んでいただけて、私どもも嬉しく思っております。

これからも今まで以上に快適なドライブをお楽しみください!

【修理後のお写真】
PC142278_R.JPG

【車の豆知識】
ポルシェ初のSUV(5ドア車)として2002年に発売されたカイエン。
全世界でのポルシェの総売上のうち、カイエンは7万台、
約3分の1を占める、人気車種の一つとなっています。
サイズが大きく車高の高いSUVでありながら、
オンロードではロードスポーツにひけをとらない走行性能を発揮。
オフロードでも高い走破性を持っているのが特長です。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ