国産車(トヨタなど)

日産のセレナ(DBA-NC25):CVT不良の整備、CVTミッション交換、ミッションオイル交換

セレナのCVTミッションの交換をさせていただきました。

今回は、日産のセレナのオーナー様よりお車の整備をご依頼いただきました。


対応させていただいた内容は次の通りです。


◎CVTミッション交換

◎ミッションオイル交換


整備中のお車やパーツなどのお写真は以下の通りです。


PB221816_Rk.JPG

 

PB221817_Rk.JPG

 

PB221818_Rk.JPG

 

PB221819_Rk.JPG

 

PB241820_Rk.JPG

 

PB241821_Rk.JPG

 

PB241822_Rk.JPG

 

PB241823_Rk.JPG

 

PB241824_Rk.JPG

 

PB281830_Rk.JPG

 

PB281831_Rk.JPG

 

PB281832_Rk.JPG

 

PB281833_Rk.JPG

 

PB281834_Rk.JPG

 

PB281835_Rk.JPG

 

PB281836_Rk.JPG

 

PB281837_Rk.JPG

 

PB281839_Rk.JPG

 

PB281840_Rk.JPG

 

PB291841_Rk.JPG

 

PB301842_Rk.JPG

 

PB301843_Rk.JPG

 

PB301844_Rk.JPG

 

PB301845_Rk.JPG

 

PB301846_Rk.JPG

今回、お取り寄せしたのは、中古のCVTミッションですが、

リビルド品の約半分の費用で対応させていただきました。

費用面でのご負担を抑えることができ、お客様にも喜んでいただけました。


他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ