板金・修理・タイヤ

フォルクスワーゲンパサート 左クオータガラス 交換 58,400円

パサートのクォーターガラスを新品に交換させていただきました

フォルクスワーゲンパサートにお乗りのお客様から、修理をご依頼いただきました。
具体的には、左ウォーターガラスの交換です。

写真では分かりにくい化も知れませんが、このお車はクォーターパネル部分にぶつけられてしまい、ガラスにもひびが入ってしまったため、ガラス交換をすることになったものです。
ガラスはボディと合わせて車の中にいる人を守る存在。
まっさらな状態では高い強度がありますが、少しでも傷やひびが入ると、その周囲の強度がとても低くなり、ちょっとした衝撃で割れてしまうようになります。

フロントガラスにせよ、ドアガラスにせよ、クォーターガラスにせよ、
少しでも異常が見つかったら、熟練した技術のある修理職人に対応をお任せいただくと、安心いただけます。

1405127963-2_2.JPG

さて、ガラス交換が修了した状態の写真をごらんください。
新品のガラスがはまり、車の輝きが増していますね(別途、クォーターパネルの修理も行っています)。
ガラスもボディも新品同様のキレイな姿のお車は、やはり魅力的なものだと思います。

1405127963-2_3.JPG


■車の豆知識 フォルクスワーゲンパサートとは?外車でありつつ経済性の高さが魅力的なお車

パサートはフォルクスワーゲン発の中型セダン・ステーションワゴンです。
フォルクスワーゲンは1960年代後半、「フォルクスワーゲン・K70」などはありましたが、主力車がビートルのままという停滞的な危機的状況下にありました。
そこで危機的状況を打破するため、フォルクスワーゲンの命運をかけて生産されたのがこのパサートなのです。

初代は1973年に登場。このときはコストダウンを意識されたものになっており、フロントフェンダーやドアパネルなどはアウディ80初代と同じものが使われていました。
しかしこ車が国の内外で大ヒットし、ディーゼルモデルなども大人気となりました。

そんなフォルクスワーゲンを救ったクルマも現在7代目。
燃費や安全面でますます優れた1台として人気を誇っており、40年経った今でも愛されているブランドです。

パサートは進化しながらフォルクスワーゲンの代表者として存在し続けるお車ですね!

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ