板金塗装 実例集 国土交通省認定工場 自動車保険会社指定修理工場 JA共済指定自動車修理工場

板金・修理・タイヤ

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

日産のデュアリス(DBA-KN110):左リアドア板金塗装 リアドアプロテクター 部品代金9,000円/作業工賃80,000円

デュアリスのリアドア周辺に傷やへこみが見られましたので、板金塗装、部品交換にて対応いたしました。

今回は日産のデュアリスにお乗りのお客様より、修理のご依頼を受けました。

ご相談にいらした際、大切なお車に傷がついてしまい大変お困りのご様子でした。
そんなお客様に対して私たちが出来ることは、きちんと満足していただけるような修理をすることです。

それには現状の確認が欠かせません。
早速お車の状態を拝見させていただくと、左リアドアの周辺に傷やへこみが確認できました。
その際に撮影させていただいたお写真を掲載しますので、どうぞご覧ください。

今回の傷やへこみは、損傷としては比較的軽微なものでした。
ただ、不具合や損傷というのは放置しておくと広がっていきます。
初期段階で修理しておけば板金だけで済んだものが、
放っておいたせいで部品交換が必要になった、ということもありますから、
お車に何かあったらできるだけ早くプロに見てもらうようにしてください。

修理前
IMG_7063_R.JPG
IMG_7064_R.JPG
IMG_7065_R.JPG
IMG_7066_R.JPG

今回はまだ傷やへこみが大きくないうちにご依頼いただきましたので、
左リアドアの板金塗装とドアプロテクターの交換にて対応させていただきました。
以下では修理中の作業風景をお写真にて紹介していますので、ぜひご覧ください。

今回は板金で傷をきれいに整えた後、塗装をしている場面になります。
自動車修理において塗装というのは、その仕上がりを決める作業と言っても過言ではありません。
いくら傷がきれいに治ったとしても、修理箇所だけ色が浮いてしまっていたら台無しですからね。

井組自動車ではコンピュータを駆使して色を作った後、
実際に塗装する部分をしっかり見極めながら職人が自らの経験を頼りに微調整してきます。
お車のボディカラーというのは経年で変化していくもの。
しかもその変化の度合いは一律ではありません。
「○年の○月に生産された○○という車種だから、この色を使えばいい」というのは存在しないのです。
大まかな作業はコンピュータでスピーディに、細かい作業は職人が丁寧に。
このメリハリが、井組自動車の素早く、精確な修理に一役買っているのです。

修理中
IMG_7084_R.JPG
IMG_7085_R.JPG

まるで新車のような光沢感を取り戻したのがお判りでしょうか。
この後、キレイに洗車をしてお客様にお渡しします、
見違えるような姿になったご愛車を見て、お客様も大変お喜びのご様子。
お客様の笑顔が見られ、私たちもうれしい限りです。

【車の豆知識】
デュアリスは日産が販売していたミドルサイズSUVです。
エクストレイルが本格派オフローダーなのに対し、
デュアリスは町乗りでの快適さを重視した都会派SUVとして、
ヨーロッパをはじめとする世界各国で人気を博しました。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ