板金塗装 実例集 国土交通省認定工場 自動車保険会社指定修理工場 JA共済指定自動車修理工場

国産車(トヨタなど)

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

マツダのデミオ(LDA-DJ5FS):左ロッカーパネル修理、塗装 作業工賃45,000円/合計金額(税込)48,600円

デミオの左ロッカーパネルにキズができていたので修理、塗装でお直ししたしました。

マツダのデミオにお乗りのお客様より修理のご依頼をいただきました。

お客様からご相談いただいだ際に撮らせていただいたお写真がこちらです。
左のロッカーパネルにキズ、ヘコミが確認できました。
白い矢印のテープで指し示している部分ですね。

バンパー同様、ロッカーパネルもちょっとしたことで傷ついたりへこんだり、
損傷を受けることが多い場所です。
少しくらいのキズなら走行に支障はないからと思われがちですが、
放置したまま走り続けていると、キズから劣化が進んでしまうことも。

こんなときもプロに修理をお任せください!
長く安心してお乗りいただけるよう、しっかり修理させていただきます。

【修理前のお写真】

P1100776_R.JPGP1100777_R.JPG

以下のお写真で修理中の様子をご紹介しております。
ロッカーパネルのキズは、研磨、パテ補修、成形、
そして塗装、仕上げの研磨といった流れで修理を行いました。

井組自動車では、塗装のための専用ブースを導入しています。
イタリアから直輸入されたもので、最適な温度管理・維持、
また埃や砂などの異物をシャットアウトする環境が整っておりますので、
どんなお車でもオリジナルの色を正確に、美しく再現することができます。

また、年間3000件以上の修理・整備をご依頼いただいており、
国内外のあらゆるメーカー、車種の修理を経験しておりますので、
万が一のトラブルでお困りのときは、まずはお気軽にご相談ください。

【修理中のお写真】

P1100778_R.JPGP1100780_R.JPGP1100781_R.JPGP1100783_R.JPGP1100784_R.JPG

修理後のノートの様子はこちらでご覧いただけます。
かなりキズが目立っていたロッカーパネルでしたが、
すっかり元通りになりました。
美しい出来栄えをご覧になり、お客様も大変喜んでいらっしゃいました。

【修理後のお写真】

PC089981_R.JPG

【車の豆知識】
デミオのインテリアの特色のひとつは、インストルメントパネル、
コンソール、ドアアームレストなど複数の色と素材を組み合わせた
4つのスタイルが設定されていること。
また安全面では、低速走行時の追突事故による被害を軽減するよう
支援する「スマート・シティ・ブレーキサポート」や
後側方からの接近車両を検知しドライバーに知らせる
「ブラインド・スポット・モニタリング」など、マツダの先進安全技術、
「i-ACTIVSENSE」が採用されています。

他店で「交換」と言われてしまった自動車のキズ・ヘコミの修理、井組自動車の板金ならほとんどが「修理」で直せます。

交換でしか直せない修理など、大きな事故でない限り、ほとんどありません。

保険を一度使ってしまうと、等級が落ち、結果的に高くつくことが少なくありません。井組自動車は、「保険会社の指定工場」で保険の仕組みを知り尽くした工場ではありますが、なにより、それ以前にお客さまの味方です。どのレベルの修理から保険を使うべきか?どうすれば、もっと安く、100%確実な修理を受けることができるか?井組自動車が徹底的にご相談に乗ります。

なお、保険を使うにしても、業者を選ぶことは絶対です。

保険会社の言いなりになって、予算の都合でやるべき修理を十分に実施しない交渉力のない業者もたくさんいます。
井組自動車は「保険会社の指定工場」ですので、必要な予算は100%とってもらい、隅々まで確実に修理します。

同じ等級が下がるでも、修理費用に50万円保険が降りたのか、100万円保険が降りたのかでは、修理内容が全く変わりますよね?
その点では、井組自動車は絶対の安心をご提供できます。

どんなに焦っていても、ディーラーや、保険会社さんからのご紹介に安易に流れてはいけません。
数年に渡って損をする可能性がある重要なことですから、必ず一度ご相談ください。

東京&神奈川からのアクセスGOOD! 引き取り納車もご対応可能です 県内3工場を稼働中

サービス一覧

よく読まれている修理事例

新着修理事例

電話する
(0120-305-193)
ウェブから
お問い合わせ